Event Calendar
9月 2018
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30EC
Twitter
カテゴリー

‘Windows’ カテゴリーのアーカイブ

エンドユーザーを困惑させてないか? Internet Explorer のアドオン

2011/05/16

時々サポートしている Windows XP ユーザーから、先ほど「インターネットにはつながっているけど、Internet Explorer が開かない」というヘルプ・コール。

詳しく話を聞いてみると、Internet Explorer の起動時に「アドオンなしで実行している」というメッセージが表示されているとのこと。

アドオン? なにそれっていう感じです。私には。

主に Safari 、Firefox 、Google Chrome しか使っていないので、Internet Explorer のことは、あまりよくわかりません。

Firefox にもアドオンがありますが「勝手」にインストールされることはありません。あくまでもユーザーの選択と判断。

この XP ユーザー、何か触られたのでしょうか。「なにもしてない。いきなり」とおっしゃっていましたので、そうなのだと受け止めて、宿題にさせてもらいました。

調べてみると以下のような対応が必要のようです。

「このメッセージは、Internet Explorer がアドオン無効の状態で開かれた場合に表示されます。Internet Explorer を通常どおり (アドオンを有効にした状態) に実行するには、[スタート] メニューから [Internet Explorer] を選択します。[Internet Explorer (アドオンなし)] は選択しないでください」とのこと。

やはり、ちょっとこれも複雑系では。

エンドユーザーを困惑させてはいませんか? Internet Explorer のアドオンよ。

Chrome OS 搭載 VAIO が出れば、おもしろいことになると思うのだが

2011/05/14

「起死回生」という表現は SONY に対して失礼になるでしょうか。

「一発逆転」というのも適切ではないでしょうか。

SONY の前身「東京通信工業株式会社」の経営方針にある「他社の追随を絶対許さざる境地に独自なる製品化を行う」という精神は、まだ生きていると信じたい私。

VAIO は Windows OS にしばられて SONY ブランドの魅力を活かせていないのではないか。そう思い続けています。

「真面目なる技術者の技能を、最高度に発揮せしむべき自由闊達にして愉快なる理想工場の建設」という会社設立の目的を持っていた SONY とマイクロソフトとでは、どうも違うのです。

VAIO には Windows OS よりも Chrome OS でしょう。

Web さえあれば、なんでもできるコンセプト= Chrome OS に VAIO は舵を切ってもらいたい。

それは、日本国内で最もインパクトを与えられる PC メーカーだと思うからです。

サムスンとエイサーから Chrome OS 搭載「Chromebook」が登場するといわれても(日本国内では発売予定はありませんが)、インパクトが弱い。

フロッピーディスク時代から引きずっている PC の過去の歴史を断ち切る決断が SONY にできれば、新しい世界が切り拓かれると思うのですがね。夢想でしょうか。

問われるのは「守るか、攻めるか」です。

久しぶりに Outlook Express に触れ、エクスポート機能を復習

2011/04/21

今月末、高機能メールフォームASP(レンタル)サービス「パワーレスポンダー」導入を予定しているお客様の応援をしているところです。

「パワーレスポンダー」の特徴は、メール自動返信機能があるところ。この機能を利用して、携帯電話から QR コードを読み込み、シンプルなステップを踏むだけで会員登録システムが作れるという優れもの。

先日、現場の担当者と意見交換する機会を作ったのですが、そこで出されたのは「今まで会員管理と会員へのメールは、Outlook Express を使ってきたが、『パワーレスポンダー』になったら、これまで管理してきた会員情報は活用できるの?」との質問。

「大丈夫です。ご安心ください」と私。

「パワーレスポンダー」は CSV ファイルをインポートするのでした。

そこで今日の実験となった次第。

なぜ実験となったかというと、お客様のところの各店舗の担当者は Outlook Express のエクスポートなど、経験がないとのこと。

それなら私がリモートで Outlook Express の CSV エクスポートと「パワーレスポンダー」へのインポートをやりましょう、となったわけです。

しかし、Outlook Express には10年ほど触れてないので復習。情報がインターネット上にあったので、何とか昔を思い出せました。

Outlook Express のアドレス帳から CSV エクスポートも無事成功、CSV ファイルの項目を「パワーレスポンダー」用に並べ順を修正し、「パワーレスポンダー」にインポート。

はい、成功。

私、本番でもできると思います。ひとつ、課題クリアしました。

年内に webOS 搭載 PC を HP が発表するらしい

2011/02/12

ヒューレット・パッカード、どうしたんでしょう。

年内に webOS 搭載 PC を HP が発表するとのこと

わくわくするニュースですね。

90年代終わりだったでしょうか、日立が BeOS 搭載 PC を発売して Windows ではない世界にチャレンジしたのは。

当時は、すでに Windows に勢いがありすぎて、ほとんど認知されなかったという記憶があります。

個人的には(Mac OS 9 の後継 OS 候補にもなったらしい)BeOS に期待していたので残念ではありましたが。

Windows ではないパーソナルコンピュータ。

webOS は、とにかく楽しそう。

HP 製 webOS 搭載 PC、ほしくなりました。

FileMaker Pro 11と Gumap!Maker2 のコラボもおもしろい

2011/02/02

昨日は FileMaker Pro 11× iPad × FileMaker Go の可能性について書きましたが、今日は Googleマップを活用したオリジナルの地図を作成できる無償アプリ「Gumap!Maker2」もその仲間に入れてみたいと思い、テストしてみました。

iPad × FileMaker Go で Google マップに1本ピンを立てることができますが、複数立てることはできません。

そこで登場するのが「Gumap!Maker2」。

FileMaker Pro 11で検索したデータを Excel 形式で書き出し、CSV 形式に変換しておいた方が良いでしょう。

そのファイルをテキストエディットで開き、もし住所の市区町村名、番地にタブが入っているのなら置換を使うなどしてタブを削除し、連続した市区町村名、番地に整理。これで準備 OK です。

Gumap!Maker2 の「名前」欄に「名前」を、「住所一覧」欄に「住所」をコピー&ペーストしたら「住所一覧からマップ作成」をクリック。

するとこのように読み込まれた件数のピンが立ちます。

画面の切替も。

拡大も、このくらいまでは。

「Gumap!Maker2」は、Mac 版と Windows 版のアプリですから iPad では無理ですが、地図画像を保存できるので各種倍率の印刷ができるのはおもしろいですね。

ゼンリンの住宅地図や電子住宅地図デジタウンを買わなくても、ほぼ大丈夫な「Gumap!Maker2」です。

「4Videosoft 動画変換for Mac」があれば「Mac で大丈夫!」と強く言える

2011/01/18

ここ数日、Windows PC で WMV ファイルを DVD に焼くことの課題に集中していましたが、Mac なら動画ファイルを DVD に焼くのは、iMovie が一番簡単。

ただ、WMV ファイルを標準として使用している Windows ユーザーと、この件でお付き合いをしようとすれば、少しばかり Mac ユーザーにとってはやっかいでした。

iMovie に WMV ファイルは読み込めませんので。

フリーで動画変換ソフトがないかと探してみたところ一応発見。しかし、私の環境では不十分な動きしかしなかったので、有料版を探すことに。

4Videosoft 動画変換for Mac」をいうのがありました。これは知らなかった。

無料試用版があったのでインストールして実験。

これはいいです。設定もシンプルで。

WMV ファイルをMP4、MOV に軽快に変換してくれました。その他の種類へも多種変換可能。

もちろん変換後のファイルは iMovie への読み込みも問題なく動作。

「4Videosoft 動画変換for Mac」の価格は3,980 円、安いと思います。

「4Videosoft 動画変換for Mac」と iMovie があるので、Windows ユーザーにも「Mac で大丈夫!」と強く言えます。

サポートも、うまくいかないことがある

2011/01/18

まあ、撃沈したということでしょう。

お客様(Windows ユーザー)に起きている問題を解決できず、退却となりました。

Windows 用動画ファイルをDVD データに変換するフリー・ソフト「DVD Flick」が使えなくなったと問い合わせの電話をいただいた1月15日。

「DVD Flick」の代わりになりそうなフリー・ソフト「Free Videos To DVD」を紹介しに伺った1月16日。

「DVD Flick」の再インストールと「Windows DVD メーカー」を紹介しに伺った今日。

3日間おじゃましましたが、お客様の Windows Vista では DVD ライティングまで、どうしてもたどり着くことができませんでした。

私の MacBook で動く Windows 7 と Windows Vista(Home Premium)で「DVD Flick」「Free Videos To DVD」「Windows DVD メーカー」の動作確認をして DVD ライティングまで終えて3日間伺ったのですが、お客様の Windows Vista(Home Basic)では、どうしてもうまくいきません。

なお、Windows Vista(Home Basic)には「Windows DVD メーカー」は同梱されていませんが。

何度もチャレンジしましたが、原因がわからず、ギブアップ。

Windows は普段取り扱わないとはいえ、解決できないこと、そのことにダメージを受けた3日間の経験でした。

とにもかくにも京セラミタ・カラー複合機「KM-C2520」をワイヤレス・プリンタにできて一安心

2010/12/11

今日、Windows 7 が動く iMac を納めてきました。

今回の企画は AirMac Express で Wi-Fi 環境を作り、京セラミタ・カラー複合機「KM-C2520」をワイヤレス・プリンタにすること。

まあ、初めて挑む機種で目的を達成するには,山あり谷あり、そう今日は実感しました。

まず、今日の時点ではインターネット環境にない場所なのですが、MacBook(Mac OS X v10.6) で「KM-C2520」をワイヤレス・プリンタに。

最新の Mac OS X(v10.4/v10.5)対応のドライバもインストールできていて、ワイヤレスで接続できているのに「ドライバがない」というメッセージです。何回設定し直しても。

もう苦し紛れに、ひとつ古い Mac OS X(v10.2,v10.3)用ドライバに変えてインストールしたら、印刷に成功。

こんなことって「あり」でしょうか。

その後、Windows 7 が動く iMac 側の AirMac Express 設定ミスに気づき、Windows からも印刷に成功。

とにもかくにも「KM-C2520」をワイヤレス・プリンタにできて一安心はできました。

10日後くらいには光ファイバーが開通するようなので、その日また AirMac Express の設定変更に行くことになります。

Windows 7(64bit)にからむトラブルの一日であった

2010/11/26

今日は楽しい Mac のセットアップからスタートする予定でしたが、出鼻をくじかれました。

今回は初めてインストールする Windows 7(64bit)を体験。

しかし、最終段階まで進んだように思えても、どうしてもインストールが完了してくれませんでした。

原因を明らかにするため情報を探してみると「Yahoo! JAPAN 知恵袋」に「imac 27inch(core-i7)におけるwindows7(64bit)の導入ができません。。。」を発見。

どうもこれに近いと思い、とにかくやってみようと。

アップルから提供されている対策「iMac (Late 2009) の Windows 7 ドライバ」を iMac の USB ポートからインストール時に読み込ませることがポイントでした。

これで第一関門はクリアしました。

次に来たのが IME にかかわるトラブル。

Windows IME 、Office IME(Office 2007)、Google 日本語入力のどれを使ってもテキスト入力の動作が不安定なのです。

すぐに表示されなかったり、連続で延々テキストが入力され続けたりと。

上記3つの IME とも不安定ということは、IME に原因はないということ。

OS 側なのじゃないのでしょうか。ただいま Windows Update で更新プログラムが59個ダウンロードされていますので、このうちのひとつに解決してくれるプログラムが含まれていてほしいのですが。

5カ月間 Windows PC としてレンタルする iMac なのですから、動作が不安定では信用をなくすことになります。

解決を祈る。

やっと Boot Camp でトラックパッド使えるようになった

2010/11/10

もう、ずいぶんと長くMacBook の Boot Camp で Windows を動かしているとき、トラックパッドでタップが使えないのを放置していました。

普段は Mighty Mouse を使うので、ほとんど考えもしないのですが、時々 Mighty Mouse の Bluetooth が反応しなくなるので,その時はトラックパッドのボタンをクリックすることで何とか。

今日も Bluetooth が反応しなくなったので、この放置問題を思い出したわけです。

情報を探してみましたが、なかなか的確な回答が見つからず、あきらめかけていた頃「MacBook で Boot Camp 3.1 + Windows 7 を試す」にヒット。

Windows 7 のコントロールパネルにある「Boot Camp コントロールパネル」でトラックパッドの動作を指定するのでした。

ここにあったのか。ショックだったのか、どっと疲れが来ました。