Event Calendar
12月 2017
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31EC
Twitter
カテゴリー

‘周辺機器’ カテゴリーのアーカイブ

出張のある仕事をしてるなら持っておきたいポケットルーター

2011/12/07

イー・モバイル端末を使ってモバイル Wi-Fi ルーターにする機器は持っていますが、今月下旬から I・O DATA が出すポケットルーター WN-G150TRシリーズも1台は持っておきたい機器ですね。

光回線での Wi-Fi を日頃使っていると、モバイル Wi-Fi ルーターの下り速度の遅さには、少しイラッとすることがあります。通信環境の良いところでの WiMAX なら快適なのでしょうが。

出張のある仕事をしてるなら WN-G150TRシリーズ買いますね。わたし。

ホテルなどの有線 LAN につなげば、簡単に Wi-Fi 環境を作ることができます。

コンピュータの USB ポートからか、スマートフォン用 AC アダプター(micro USB タイプのもの)から給電する方法があるとのこと。スマートではないけど、まあいいでしょう。

お客様のところへサポートに MacBook や iPad 持って行くときなどもいいかもしれません。

ただ「インターネット回線(有線)に WN-G150TR をつなげさせてください」とは言いづらいですが。

ハイレベル・トラブル「AirMac 状況メニュー 『接続の警告』」に冷や汗

2011/08/22

MacBook Air 11インチ × イー・モバイル Pocket WiFi (GP01)ユーザーのお客様から、MacBook Air の AirMac 状況メニュー に「接続の警告」が出ていて接続できなくなっているとのヘルプ・コールをいただきました。

私は MacBook を持参。Pocket WiFi (GP01)から出ている電波を私の MacBook はなんの問題もなく受信していますが、MacBook Air は、だめ。

システム環境設定>ネットワークで、2台とも同じ設定しているにもかかわらず。

インターネットに接続できない MacBook Air のネットワーク・ウィンドウを見てみると、AirMac に「自己割り当て IP」と表示されています。MacBook には「接続」と表示されているのに。

右側の「状況:入」の下には「“AirMac”に自己割り当ての IP アドレスが固定されており、インターネットに接続できない可能性があります」との記述。IP アドレスの固定などしていません。

これは AirMac 状況メニューの FAQ に書かれている「接続の警告」についての説明と同じ意味でしょう。そこには「AirMac に自己割り当ての IP アドレスがある場合、接続の警告が表示されます。このアイコンが警告を表示するのは、インターフェイスが DHCP 用に構成されているのにリースを取得せず、他のインターフェイスが正しく構成されていない場合にのみです」と。

MacBook Air の TCP/IP を見てみると「192.168.xx.xx」になっていません。Pocket WiFi (GP01)の電波を DHCP サーバを使用するようにしているので、ここは「192.168.xx.xx」とならなければいけないのです。しかし、なってない。

方策がわからないままでしたが、一度、Pocket WiFi (GP01)の設定内容を一部変更してみて様子を見てみようか、と思ったので、MacBook で Pocket WiFi (GP01)に接続した状態で「GP01設定ツール」を開き、WEP キーを外したり再度設定したり。

そうしたところ、何ということでしょう、MacBook Air の TCP/IP を見てみると「192.168.xx.xx」になっているではないですか。

結果、なぜ解決したかはわからないのです。

この点は苦しい。本業にしているはずの私がこのざまでは。この分野は難しい。

気持ちが晴れ晴れ、とは行かなかったものの、解決できて何よりです。

初めての経験に、冷や汗をかいた1時間半のサポートでした。

原因はピントの甘さ。Apple TV のせいではなかった

2011/08/05

昨日、Apple TV でムービーにした写真のスライドショーを観る機会があり、iMac で観るときの印象と随分違うと感じさせられました。

Apple TV のおもしろさですね。受ける感動が違います。

概ね、私は Apple TV には好意的なのですが、写真表示の美しさが不十分なのではないのか? とずっと思っていました。Apple TV のスクリーンセーバーの写真は美しいのに自分が撮った写真は、と。

でも、その原因は私が撮った写真のピントの甘さなど腕前にあったのです。やっと昨日、そのことを確信。

プロが撮ったポートレートの画像データを持っていましたので、Apple TV で表示させたところ、美しいのでした。ピントがきっちり来ている写真は、十分に美しい。

Apple TV への私の疑いは晴れました。

撮った写真は Apple TV で表示させてみるべきです。

写真の腕前がどうなのか、証明してくれますから。

iMac の Windows 7 は無線 LAN 子機「WLI-UC-GN」で代用。ひとまずこれでよしとする

2011/08/02

バッファローの無線 LAN 子機「WLI-UC-GN」は安定していて安心できる。

7月28日、突然お客様の iMac の BootCamp で動く Windows 7 が Wi-Fi に接続できなくなっていた問題。

バッファローの無線 LAN 子機「WLI-UC-GN」で復旧させることができて一安心となりました。

それにしても「WLI-UC-GN」の設定は、アップル製品のセットアップも真っ青の非常にわかりやすいもので、今回も楽しく設定できました。半年前に1回経験済み。

説明書がわかりやすくて、セットアップ・ウィンドウの表示も展開もすばらしいのです。Windows 用周辺機器としては、珍しい。

Windows 7 が Wi-Fi 電波を拾わなくなったのは、Windows 用 AirMac ドライバが壊れたせいでしょう。

iMac 内蔵の無線 LAN 子機(部品)が何なのか調べれば、Windows 7 対応ドライバも探し出せたのでしょうが、面倒なことはしない、ということで「WLI-UC-GN」に。

すでに「WLI-UC-GN」は旧製品のようで、市場に残っているだけではないか。

後継の超小型無線LAN子機「WLI-UC-GNM2T」が安価なので、それでもよかったのですが、評判がいまいち。安定していると言われていた「WLI-UC-GN」にしたということです。

光回線につないた AirMac Express を使った環境でしたが、お客様の福岡市西区今宿で下り 30Mbps 以上出ていました。

いま、私の仕事場は光で下り13Mbps 程度ですから、お客様のところは速かった。

「WLI-UC-GN」に満足できて一件落着です。

また「WLI-UC-GN」を設定していて、機能としてあるはずなのに「親機モードは非対応」というメッセージが出ていたので「?」。

調べてみると、Windows 7 64bit 版の場合は、追加ドライバ「WLI-UC-GNシリーズ設定CD Ver.2.11」の提供で「親機モードに対応」とのこと。

こういう Windows 用周辺機器の世界を経験するのも勉強になります。

何が起きた? Windows 7 で AirMac ユーティリティが AirMac Express を認識しなくなる

2011/07/28

それは、いきなりでした。

お客様のところに伺い、iMac の Boot Camp で Windows 7 を動かしていたのですが、突然(だと思う)Wi-Fi が使えなくなったのです。

AirMac Express を認識しなくなったのでした。

AirMac Express が故障か? と思いましたが、緑のランプは点灯していましたので問題なし。

私の iPhone も、ちゃんと AirMac Express から出ている Wi-Fi 電波は拾っていました。

iMac を Mac OS X で再起動して AirMac ユーティリティを起動させたところ、AirMac Express も認識されて正常なことを確認。

再び、Boot Camp で Windows 7 を起動。AirMac ユーティリティ for Windows を開いて再スキャンかけましたが、AirMac Express を認識してくれません。

Windows 7 もインターネットにつながってくれないと困る事態でしたので、イーサネットケーブルでルータ機能付終端装置と iMac を接続。緊急避難的にインターネット環境は作ったのですが、こういうことが起きると頭が痛い。

理屈がわからないことが一つ。

イーサネットケーブルをつないだからインターネットが使えるようになった iMac 。この状態で AirMac ユーティリティ for Windows を開いたら、何と AirMac Express を認識するではないですか。

イーサネットケーブルを抜いたら AirMac Express が認識されなくなります。

これが理解できない。初めてのケースです。

手を尽くしても AirMac Express を認識してくれないことも考えられるので、バッファローの無線LAN子機「WLI-UC-GN」を入手。

来週には Windows 7 で Wi-Fi が利用できるようにしないといけません。

FileMaker Pro 8.5 の印刷不可は解決せず、AirMac Express も壊れた

2011/07/20

「Mac 周辺のどんなトラブルも解決したい」が信条の私。

7月7日から引きずっていた FileMaker Pro 8.5 の印刷できないトラブルですが、結論を出さないと、と決意してのサポートでした。

FileMaker Pro 8.5のアンインストールと再インストールでも解決しませんでしたので、お客様へはその旨を最終回答とすることに。

試しに「FileMaker Pro 11 無料評価版」をインストールして印刷テストを行ったところ、正常に印刷。

究極の解決策は FileMaker Pro 11 を買っていただくこと。ということがわかり、解決したのやら、してないのやら。

同じフロアにある他の2台の iMac にも FileMaker Pro 8.5が入っているお客様のところの環境ですから、その2台の iMac からデータベースを開き印刷すればいいことではあります。

「出費は控えましょう」と私はアドバイス。このままで行くそうです。

さて、用件は済んだので帰ろうとすると「昨日からキヤノン PIXUS MP800で印刷できない」と追加のヘルプ。

この MP800は AirMac Express につないで共有プリンタにしています。AirMac Express をのぞいてみると、緑色 or オレンジ色のランプが消えて入るではないですか。電源が入りません。故障でした。

そのままの状態ではお客様も困るので、私の仕事場へ AirMac Express を取りに帰り、応急措置で使うことに。

AirMac Express をセットアップして元の印刷環境を作りました。

そんな一日の昨日。いろんなことが起きるものです。

Time Machine 利用には十二分な容量の HDD を準備すべし

2011/06/03

けちったつもりはないのですが、1TB の iMac を Time Machine でバックアップしている HDD は、ロジテック LHD-EN1000U2 。

1TB の LHD-EN1000U2 でも「空き容量が足りない」と警告ウィンドウが今日頻繁に出てくるようになりました。

うるさい! と中身も読まずに閉じていた警告ウィンドウ。

「Time Machine には、バックアップを保持するために必要な領域のほかに、そのバックアップディスク上に作業領域が必要です」という重要な情報でした。

「バックアップには 415.02 GB 必要ですが、271.19 GB しかありません」とも。

2TB のロジテック LHD-EN2000U2W にバージョンアップですかね。

ワコムも出したか iPad 向けスタイラスペン

2011/05/28

邪道のスタイラスペンを忘れることができないでいます。

とうとう、あのワコムも iPad 向けスタイラスペン「Bamboo Stylus」を出しましたね。

いらないものは買わない主義。

でも、買って失敗したと感じたとしても後悔するような価格でもなし。

スタイラスペンがあったら生きてくる iPad/iPhone アプリがあるんですよね。

これまでとは違った世界を提案し始めた HP の「Everybody On」

2011/02/15

アップルの世界に近いものを感じます。HP の「Everybody On」

web OS を中心に据えて、戦域をシフトした HP 。

目が離せない。

ひかり TV 、私はいいみたい

2011/02/14

ひかり TV が、どんなものなのか知りたくて、テレビにつなげてみました。

結論。私はいいみたいです。

これは、ひかり TV のせいではないのですが、接続した自宅のテレビはアナログ・ブラウン管テレビ。

番組表やホーム画面の文字がにじんで何と書いてあるのか、よくわかりませんでした。ダメなんですね、このテレビでは。

それと私、よーく考えてみると、テレビをゆっくり観るという習慣が、もうなくなりつつあるので、ひかり TV のチャンネル数の多さに、もうお腹いっぱいの状態でした。

リモコンもこんなだし、私には難しすぎて覚えきれませんね。

リモコンは Apple Remote 程度でないと。

3月末にはチューナーは返却することになるでしょう。

それにしても、うちのテレビ、どうにかしないと。