Event Calendar
12月 2017
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31EC
Twitter
カテゴリー

‘書籍’ カテゴリーのアーカイブ

「朝日新聞デジタル」7月末まで、まず使ってみよう

2011/05/19

朝日新聞社が「朝日新聞デジタル」をスタートさせました。

創刊記念キャンペーンで、2011年7月末まで無料なのでテストしない手はありません。

私は朝日新聞ユーザーなので「月ぎめ1,000円」で利用できる「ダブルコース」を申し込み。

iPad アプリをダウンロードして「朝日新聞デジタル」の開始といきます。

開いてみた感想は、悪くはないです。文字の大きさ設定に自由度がありますし。

リアルタイム速報の「24時刊」、1日のニュースをまとめた「朝刊」、暮らしを豊かにする「You刊」と3つに整理。

「24時刊」「朝刊」「You刊」は、ダウンロードしておけば書庫に並べられ、オフラインで見ることができます。

iPad で横位置表示する「ランドスケープ」にならないのが残念。今後アップデートで改善されるかもしれませんが。

iPhone アプリは提供されていないので、Safari でログイン。PC 版「朝日新聞デジタル」の利用となります。

さて、購読料金ですが、デジタル版のみの「デジタルコース」が「月ぎめ3,800円」というのはいかんでしょう。

既存メディアは終わっていると思っている私でも「デジタルコース:月ぎめ2,000円」なら、間違いなく「朝日新聞(宅配)」は購読中止して、「朝日新聞デジタル」に一本化するのですけど。

「カルテル」を結んでいる大手新聞社に、それを求めるのは無理なのか。

「新聞のデジタル化ビジネスモデルは失敗」→「やっぱり新聞は紙でなくっちゃ」に落ち着くことを最も期待している大手新聞社経営陣。

今日のテーマでも「新聞業界に孫正義はいないのか」に行き着くのでした。

「FileMaker Pro 11 スーパーリファレンス for Windows & Macintosh」で復習

2010/11/03

「FileMaker Pro 7 スーパーリファレンス for Macintosh」は持っているのですが、「FileMaker Pro 11」になり、いくつか加わった機能をちゃんと知識として身につけておきたいと思い「FileMaker Pro 11 スーパーリファレンス for Windows & Macintosh」を購入。

「for Windows & Macintosh」となっていますが、ウィンドウの説明画像は、すべて Windows でした。操作は一緒だからいいですが。

9割方は同じ内容です。私が持っているのと。

「FileMaker Pro 7 スーパーリファレンス for Macintosh」は2色刷のページが多かったのに今回のは、ほぼカラーなので見やすくはなっています。

前の本と同じ内容かもしれないと思ったのですが、なぜ買ったのか。それは、著者・野沢直樹さんの FileMaker 本が一番わかりやすいからです。

1996年、FileMaker Pro 3 を始めて何冊の FileMaker 本を買ったことか。

FileMaker Pro の関数・スクリプト関連本は除き、データベースづくりをスタートする際、この野沢直樹さんの FileMaker 本で頭を整理することが、私にとっては重要なのです。

アゴラブックスがオープンしたので「構造改革は終わらない」を購入

2010/06/02

池田信夫さんたちが立ち上げたアゴラブックスが開店しました。

電子書籍出版のいわゆるベンチャーです。

購入する電子書籍の閲覧は、AJAX(エイジャックス)技術を利用した”AJAX リーダー”を利用。

この”AJAX リーダー”は、iPad 用に最適化されており、コンテンツをクラウド型で提供、iPad の Safari をはじめとしたブラウザーのみで閲覧できます。

今日買ったのは、片山さつき・池田信夫共著「構造改革は終わらない」

“AJAX リーダー”の使い勝手の感想は、iPad では少々動きがスムーズでない。改善の余地ありですね。

iMac では動きがスムーズだし、ページめくりもうまく再現されていて、iPad を使った操作感との違いに「?」。

毎日新聞社が出した読む写真誌「photoJ.」なみに快適にしてもらいたいです。

「photoJ.」は、画面で指先を上下にフリックして、ページをスクロールすることも、ページの一部分をダブルタップするか指先でピンチして拡大、縮小することも楽しめるよう作り込まれています。

中間業者を置かずに作家・執筆者とアゴラブックスがダイレクトに契約して電子書籍を出版する。だから価格設定も挑戦的。

こういうビジネスモデルを出版の世界に持ち込んだアゴラブックスのベンチャー精神には拍手しています。

iPad での初めての読書になるかもしれない。クーリエジャポン7月号

2010/05/25

確定しました。

アップルは iPad について「5月28日 午前8時 発売開始」と発表。

ほぼ間違いなく私のところへは、その日の午前中に届くでしょう。

いよいよパラダイムシフトが起きる記念日です。

クーリエジャポン7月号特集は「アップルが、世界を変える」。

6月10日頃配信される iPhone/iPad アプリ「クーリエジャポン7月号」も楽しみです。

岸 博幸さん、こんな本出していたんですね

2010/05/23

いきなり何で「米国発のネット帝国主義を許すな」なのか、疑問を持っていました。

慶大大学院教授・岸 博幸さん「ネット帝国主義と日本の敗北―搾取されるカネと文化」(幻冬舎新書)という本を出していたのですね。

「米国発のネット帝国主義を許すな」といのは、朝日新聞が付けた見出しですが、朝日新聞のオピニオン「異議あり」に5月20日登場していたので驚いていたところでした。

小泉内閣当時、竹中平蔵さんの下で「米国礼賛」? の「構造改革」を裏で支えていた人だったはずですから。

情報の安全保障が危機にさらされ、コンテンツ産業は搾取されているので、市場の公平性を保つために政府が介入すべき、という主張。

今さらそういうことを言われても。

目に見えて日本の敗北がはっきりしたのは1995年。ちょっとやそっとじゃ、もう追いつけません。米国には。

日の丸 OS を開発して反撃するにしても、もう無理ですし、政府が介入して花が咲くわけでもありません。

「日本人は日本国内のサーバを利用すること!」という号令を発しても誰も耳を貸しません。

使いやすいから、UI が感動的だから、わくわくするから、人は人気のサービスを利用するのです。

今後、可能性を探るのであれば、日本国内の規制緩和、それだけ。

自由に競争をするために規制や障壁を取り払い、民間の力に賭ける以外にありません。

それもベンチャーに。

スタートしたばかりの Astand 「WEB 新書」に UI 改善を強く望む

2010/04/21

苦労しました。

脱力感と怒りと。

朝日新聞社が始めた Astand 「WEB 新書」がおもしろそうとユーザー登録しました。

ところが、ユーザーインターフェースがわかりにくく、迷子になってしまいます。

あえて、<推奨OS・ブラウザ>Microsoft Windows IE 6.0以上 とおっしゃるのがすごい。

<プラグイン>・Adobe Flash Player・Adobe Reader だといいますから、黒船 iPad は眼中にないそうです。

イラッとすることばかりの Astand ですが、「WEB 新書」で「思考解剖 小沢一郎 見えない行動、難解な性格」と「『ダダ漏れ』メディア ネット生中継とツイッター」を購入。

ひとつだけ、まずまずと思ったのは「WEB 新書」を縦書きに設定すると13インチ MacBook でちょうどいいのでした。

Kindle for Mac が何なのか見えた

2010/03/18


Kindle for Mac をダウンロードしてみました。

Kindle Wireless Reading Device が米国ではメジャーなのは知っていましたが、Kindle for Mac って何をするものなのかは知りませんでした。

起動させてみると、わかりました。

アマゾンで売られている電子書籍を購入・管理・ブラウシングするソフトウェアだったんですね。

ダウンロード購入した電子書籍を保存し、購入順やタイトル、著者名で並び替えができるようです。

Kindle Store の入口も。

Kindle for Mac は、書籍版 iTunes のようなものです。

コンディションがよければ、テキストブックは中古品で十分

2009/08/27

amazon_bookMac Fan Mac OS X v10.5 “Leopard” マスターブック」は、入門書としては一番わかりやすいのではないかと思う一冊です。

この本が2冊必要になったので、アマゾンをのぞいてみました。

本を買うなら新品が当たり前だった私が、今度は「中古商品」でいいかと注文。

900円台のコンディションが「非常に良い」ものが1冊、700円台の「良い」ものが1冊届いたので、開封してみると、十分美しいですね。

テキストブックは「中古商品」でもいいじゃないか。