Event Calendar
10月 2017
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031EC
Twitter
カテゴリー

‘Apple TV’ カテゴリーのアーカイブ

2012年に起きる衝撃は Apple TV になるのではないか

2012/01/01

あけましておめでとうございます。

どこも成功していないテレビの構造改革。

Google TV も波を作ることはできていません。

2012年は誰も成功していないテレビの構造改革にアップルが参入する年になるのではないか。

Apple TV」という呼び名なのか「iTV」なのか。

アップルが参入するということは、テレビ局からテレビ(受像器)を奪うということ。

テレビ局は認めたくないでしょうが、テレビ局はテレビ(受像器)を占有できなくなります。テレビ番組を観るテレビ(受像器)ではなくなりますから。

ソーシャルメディアと映画・音楽・インターネット・コンピュータ・テレビがつながることで新しい時代が始まります。

技術とリベラルアーツの交差点に立つアップルが、テレビを再定義する。2012年に。

そう感じます。


アップルの再生は、iMac から始まった

2011/08/25

アップルのスティーブ・ジョブズが、CEO を辞任した。

陳腐な表現しか私にはできないけれど、ひとつの時代が終わったのかもしれない。

つらい。

瀕死の状態だったアップルを今日のアップルにしたのは、間違いなく彼の功績だ。

1998年 iMac の登場によりアップルを生き返らせ、「アップル」を世界中の誰もが知っているブランドに成長させた。

スティーブ・ジョブズが退いた後のアップルは、どこに向かうのだろう。

「世界を変える」というスティーブ・ジョブズの精神が、受け継がれていくことを願う。

原因はピントの甘さ。Apple TV のせいではなかった

2011/08/05

昨日、Apple TV でムービーにした写真のスライドショーを観る機会があり、iMac で観るときの印象と随分違うと感じさせられました。

Apple TV のおもしろさですね。受ける感動が違います。

概ね、私は Apple TV には好意的なのですが、写真表示の美しさが不十分なのではないのか? とずっと思っていました。Apple TV のスクリーンセーバーの写真は美しいのに自分が撮った写真は、と。

でも、その原因は私が撮った写真のピントの甘さなど腕前にあったのです。やっと昨日、そのことを確信。

プロが撮ったポートレートの画像データを持っていましたので、Apple TV で表示させたところ、美しいのでした。ピントがきっちり来ている写真は、十分に美しい。

Apple TV への私の疑いは晴れました。

撮った写真は Apple TV で表示させてみるべきです。

写真の腕前がどうなのか、証明してくれますから。

iPhone 、iPad のコンテンツを Apple TV で

2011/04/18

Apple TV に同梱されているアルミニウム製 Apple Remote もなかなかいいのですが、Remote アプリをインストールすることで iPhone 、iPad がリモコンになること、それがすばらしい。

Remote アプリは Apple TV を操作する Magic Mouse ですね。「タップしてドラグで移動」は Magic Mouse そのもの。

リモコン操作することにも楽しさを与えてくれる iPhone 、iPad × Remote アプリ× Apple TV です。

この世界、他にはない。

ただひとつだけ、iOS 4.3にアップデートしたら、YouTube の Remote アプリを使った日本語検索ができなくなっている不具合は、早く解決してほしいです。

じわじわとおもしろさが増してくる不思議な Apple TV

2011/04/16

Apple TV を購入して2週間になろうとしています。

Apple TV とは何者なのか?

何とも不思議な存在なのでした。

iPhone の衝撃ではなく、Mac の感動でもなく、iPod の楽しさでもない。

じわじわとおもしろさが増してくるというか、使うほどに。

アップル Web サイトに書かれていることが、そのまま、そのとおり! と感じられない点も多々あるので、敢えて「じわじわとおもしろさが増してくる」と表現してしまいましたが。

今回から数回に分けて Apple TV のレビューと行ってみます。

今日は音楽編。

この iTunes ミュージックライブラリを Apple TV に直接ストリーミングする機能は、私にとって一番得点が高かった機能。

テレビに DENON DHT-S311をつないだこともあり、テレビの場合が一番いい音で iTunes ミュージックライブラリを聴くことができるシステムとなってしまいました。

朝の食器洗い時とか夕飯を作っているときとか、食卓に置いた iPad で音楽を聴いていましたが、音質は比べようもありませんので、今では Apple TV にお任せとなっています。

iTunes ミュージックライブラリをテレビで聴くという新しい提案ですね、これは。

話は変わりますが、今回別の世界で感動したことをひとつ。

質のいい HDMI ケーブルを Apple TV には使いたかったので、ソニー DLC-HE10XF(1m)を購入。

そのパッケージ・デザインへの力の入れよう、ケーブルの色合いやデザインのかっこよさには、1970年代後半のソニーのかっこよさに通じるものがあり、Apple TV の開封よりも DLC-HE10XF 開封の方が緊張してしまいました。

それと DENON DHT-S311用に購入した PLANEX HDMI フラットケーブル(2m)PL-HDMI02FB の7倍の価格の DLC-HE10XF の異常さにも感動したのでした。