Event Calendar
12月 2017
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31EC
Twitter
カテゴリー

‘アプリケーション’ カテゴリーのアーカイブ

BiND5 の Photoshop ファイルを読み込む新機能に助けられた

2012/01/05

困っていました。BiND5 でのウェブサイト更新作業中のことです。

Mac OS X のプレビュー.app でも Gimp 2.6 でも JPEG 形式に正常に変換できなかった Photoshop ファイル。

どうしようかと考えていたとき、ふと、デジタルステージ代表・平野さんの話していたシーンが思い出されたのでした。

「BiND5 には PhotoshopIllustrator と連携する新機能が付いた」と。

普段 BiND5 では、JPEG と PDF を主に扱うので、その新機能は関係ないと頭の中ではスルーしていました。

悩むことはなかったのです。ちゃんと読み込んでくれました。

テストしましたが、BiND4 はダメ。

Illustrator ファイルもスムーズに読み込み OK でした。

そして、BiND5 から読み込んだ画像を指定して「オリジナルを編集」をクリックすると、Photoshop や Illustrator が起動。

これは便利です。


Error:421 No Transfer Time out

2011/12/21

BiND3.5 から BiND5 にバージョンアップされたお客様。新機能を使ってウェブサイトの更新を終えてアップロードしようとしたら「Error:421 No Transfer Time out」のメッセージが出て、強制的にアップロード終えたら正しく表示されないトラブルに。

昨日の午後から「Error:421 No Transfer Time out」振り回されて、今日まで頭の中はずっと「Error:421 No Transfer Time out」でした。

Error:421 No Transfer Time out」については、BiND4 のトラブルシューティングに説明があります。

考えられる原因が4点あるようなので、今日は、それをつぶす作業をずっと続けていました。

BiND5 だからエラーメッセージが出るのではなく、BiND3.5 でアップロードしても同じエラーが出るので、「原因2:サーバーが不安定」と判断。

こうなったら、いろいろ手は尽くさない方が良い。サーバを変えましょう。

レンタルサーバを気軽に利用できる価格で提供しているロリポップ!レンタルサーバーをお客様には申し込んでもらいました。

すると、問題起こらずアップロード完了。ウェブサイトは正しく表示されて、正しく動いてくれ、その時はホッとした瞬間でした。

昨日・今日のトラブル内容は初体験だったので、勉強になったといえば、なったのですが、一般ユーザーにとっては楽しめることではないはずです。

ただ、2日間トラブル解決に取り組んだ中での収穫は、お客様に「SHiFT for WebLiFE」を気に入ってもらえたことですね。

BiND5 ユーザーにはクールなウェブサイトをどんどん作ってほしいものです。


Google+へ足を踏み入れてしまったが

2011/12/18

@451f さんから「自営や営業等の人なら、やはり登録だけなら済ませたほうがいいかもしれません」とアドバイス受けたこともあり、Google+に登録してみました。

Facebook 始めたとき以上に、よくわかりませんね Google+。

Facebook と Twitter を猛烈な勢いで追っている Google+でしょうから、知って感じておくことは重要です。

iPhone アプリ「Google+」が、かもし出す雰囲気は、ウェブサイトの「Google+」よりも好印象。

まあ、ぼちぼち姿は見えてくるでしょう。

今さらながら、シンプルな Twitter は、比類のないものと思うのですがね。


思いがけないところで FileMaker Pro 11 様様

2011/12/13

Excel で34,000件のデータ整理(名寄せ)に悪戦苦闘中です。

並べ替えしようとすると「この操作は、同じサイズの結合セルが必要です」とメッセージが出て、うまく行きません。

何が原因なのか、調べて情報は得たものの、その解決策もピンと来ないありさま。

また、セルをコピー&ペーストしようとしても、何十秒か待たないと完了しません。

こんな具合で、はいくら時間があっても終わらないのではないかとブルーになっていたとき、ひらめいたのでした。

FileMaker Pro 11があるじゃないか、と。

早速、その Excel ファイルを FileMaker Pro 11で開き、3項目、優先順位をつけて昇順でソート。あっという間に終わりました。

ソートしたので、今度は Excel ファイル形式でエクスポート。

何ということでしょう。その Excel ファイルを開いてみると、同じ34,000件のデータなのですが軽い。セルのコピー&ペーストも瞬時に完了。

さらに、元の Excel ファイルでは並び替えが私のミスでうまくいってなかったのも判明。なので、すでに300件は名寄せが終わっていると思っていたのに、重複データがまだ残っていて、完了していなかったではないですか。

まあ、悔やんでも仕方がない。Excel ファイルは操作しやすくなったことだし、良い方に考えましょう。

やっぱり、苦しいときの FileMaker 頼みですね。

また初めから作業始めます。


FileMaker で既に入力した郵便番号にハイフンを挿入する方法

2011/12/11

FileMaker でリレーションするためにデータ準備をしています。

郵便番号フィールドに「814-0032」と入力すれば、住所1に「福岡県」、住所2に「福岡市」、住所3に「早良区」、住所4に「小田部」と自動で表示されるように。

日本郵便が郵便番号データダウンロード・サービスをしているので、それを活用します。

提供されているその CSV ファイルには郵便番号が「8140032」と、ハイフンなしで提供されているので、これでは都合が悪い。ハイフンを入れましょう。

FileMaker のウェブサイトで、その方法を教えています。「既に入力した郵便番号にハイフンを挿入する方法」。

ここに書かれている2つの方法、できました。これで目標達成です。

だた、例えば、FileMaker から Excel ファイルとしてエクスポートしたときは、ハイフンは消え「8140032」となりますから、その時は、Excel の表示形式で「郵便番号」を指定しましょう。

番号が入力されているセルを選択>「書式」-「セル」をクリックし、「表示形式」タブの”分類”で「その他」を選択>「郵便番号」を選択して「OK」をクリック。

これで Excel でもハイフン付き表示となりますから、問題ないでしょう。

勉強になりました。


バージョン6 は提供し続けてくれよ、TeamViewer

2011/12/10

私の場合、Windows ユーザーをサポートするには、どうしても TeamViewer での画面共有と遠隔操作が必要です。

なぜ TeamViewer が良いかというと、ユーザーにお願いする作業が簡単だから。インストールや、本番での画面共有する際の操作までも。

「TeamViewer 6 Business」を使っている私ですが、今月1日「TeamViewer 7 登場 – 今すぐアップデートしましょう! 」と案内が来ていました。

Business 6から7への更新は 16,500円。

先ほどサポートした Windows XP のお客様には、TeamViewer がインストールされていませんでしたので、ダウンロード、インストールしてもらったところ「TeamViewer 7」。

私の「TeamViewer 6 Business」からは「TeamViewer 7」に接続できませんでした。ある意味よくできている。バージョンアップさせるために。

救いは、今のところ「バーション6 は『旧バージョン』から、ダウンロードできます」とリンクが貼ってあるので良いですが、いつまで提供してくれるのやら。

私には「TeamViewer 6」で十分ですから、提供し続けてほしい。願っています。

そういう点を考えると、OS X に初めから入っている「iChat」が、いかにすごいかを感じることになります。画面共有と遠隔操作でサポートできるのですから。

Mac 同士って、何をするにもホントにお金がかかりませんね。


OS X Lion に「Windows 移行アシスタント」が登場していたことの衝撃

2011/11/09

昨日から今日にかけて納品した iMac を先日セットアップしていて「あらっ?」と感じたことを思い出しました。

OS X Lion の iMac だったのですが、セットアップ途中で出てくる「移行アシスタント」の「情報の転送方法」メニューに「Windows PC から」を発見したのです。

「Windows PC から」という選択肢は、Snow Leopard まではありませんでした。

その時は急いでいたのでスルー。

今日、そのことを思い出したので探してみると、やはり「OS X Lion:Windows 移行アシスタントについて」が提供されています。

アップル・Web サイトでも見たことがないぞ、と思っていたら、地味に、こっそりと「ここ」に書かれていました。

はっきり言って、これはすごいです。

Snow Leopard までは、セットアップ後、Windpws PC から手作業でデータの移行をするか、サードパーティが出しているデータ移行用の USB ケーブルなどを使うしかなかったのに、です。

「OS X Lion:Windows 移行アシスタントについて」のページの「Mac をはじめて起動して Mac OS X 設定アシスタントが表示された場合は、こちらをクリック」をクリックしてみてください。

果たして、どうやって、Mac と Windows をつなぐのか?

Ethernet ケーブルでつないでも、セットアップ完了前の Mac は移行データのある Windows PC を普通、認識しないと思うのですが。

パスコードが出てくるみたいなので、簡単につながる仕組みがあるのか。

経験する機会があったなら、一度経験してみたいです。

Windows PC のセットアップ時、Windows PC から Windows PC へデータを移行させる Microsoft の「Windows 転送ツール」に昨日かかわったこととの関連でも不思議なつながり、不思議な思い浮かびの昨日・今日でした。

チェック漏れ。iPhone カレンダーが進化していた

2011/11/01

昨日、iPhone カレンダーを使っていたとき、何気なくランドスケープ状態にしたところ、初めて見る表示に。

iCloud のカレンダーのようにカラフルな週表示が可能となっていました。

iPad の年表示も、かわいらしくてすばらしいですが、これもいい。

iPhone カレンダーの週表示状態で、しばらく触れていると新規イベントが追加できるし、すでに登録しているイベントもドラッグすれば移動する。

遊び心の域ですが、重要なことです。

シンプル機能「Facebookメッセンジャー」の存在価値あり

2011/10/23

ニュースフィードを見たり、総合的な情報閲覧などは便利な本家 Facebook ですが、メッセージを使うには、一手間、二手間が必要でした。

でも「Facebookメッセンジャー」は、メッセージのやり取りに特化したアプリ。

写真も位置情報も添付可能。

これ、支持されるのではないかと思います。

「リマインダー」って、すごいと思う

2011/10/20

iOS 5 の「リマインダー」は、Palm OS の To Do を越えてますね。

ある場所に着いたら知らせてくれるとは聞いていたが、本当でした。

外出先でお客様から電話をもらったのですが、仕事場に帰らないと解決できないことでしたので、まずは「リマインダー」に電話することを To Do 登録。

電話する予定の時刻も登録です。

その登録していたことを自宅に着いたら「リマインダー」が私に知らせてくれるよう設定。

すると、何ということでしょう。

自宅駐車場に入ろうとしたその時、iPhone の「リマインダー」がチャイムを鳴らしたのです。

こういう賢い To Do アプリを求めていました。

言うことなし!