Event Calendar
1月 2010
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31EC
Twitter
カテゴリー

‘2010/01’ カテゴリーのアーカイブ

iWeb '09 にしてストレスも減った

2010/01/31

初代 iWeb で管理しているサイトの更新作業は、なぜかテンションが上がりません。

iWeb ’09 のアップル・サイトを見て、かなり進化しているのを知っているからでしょう。

テンションが上がらないと言う以上に憂鬱になってきたので、もうバージョンアップするしかないと決断。

Mac mini で動かしている初代 iWeb のデータ「Domain」ファイルを新しい iMac に移植しました。

iMac にプリインストールされているのは iWeb ’09 なので、無事に「Domain」ファイルを読み込んでくれるか心配でしたが、これまで制作していたサイトデザインも、ほぼ型崩れすることなく再現してくれて安堵。

iWeb ’09 のウィンドウも、ややスマートに。

3.06GHz Intel Core 2 Duo の iMac になれば、やはり動きが軽快。一番は19インチ(1280×1024ピクセル)でこれまで作業していたのが、27インチ(2,560×1,440ピクセル)のデスクトップ上でウィンドウを散らかして作業ができる点でしょう。

iWeb 、Illustrator 、テキストエディット、プレビューなどのウィンドウを広げての作業ですから19インチでは、しんどかった。

不思議と息苦しさから解放された感じになり、昨夜更新作業を終えることができたのでした。

更新後、サイトをチェックしてみると一部にテキストが、また画像化されています。

以前この問題には苦労させられていたのですが、理由が判明。

digitalboo さんの「iWebは使用できるか 3 テキスト画像化のまとめ」にそのことが書かれています。

確かに、昨夜更新したサイトでも下線を使っていたテキストボックスが画像化されていました。

感謝です。

Apple A4プロセッサが次の iPhone に載らないかな

2010/01/29


iPadのビデオ」で流れる画面の軽快な動きは、CG ではないのかとも思ったのですが、YouTube にアップされているいくつかの動画を見る限り、全くの作り物でもないようです。

iPhone 3GS は iPhone 3G とは別物と言われるほど軽快に動くらしいのですが、時々「イラッ」と来る iPhone 3G のもっさり感は iPad にはありません。

iPhone 3G のもっさり感を感じるときは、iPhone がメールを読みに行っている場合が多く、iPhone 自身のせいでないことは十分わかっています。

私が iPhone で3つもメールを管理し、利用している環境だからなのですが。

そのような使い方をしているにせよ、さくさく動いてくれることを求める私ですから、今年7月頃に発売されると思われる次期 iPhone には、ぜひ iPad と同じ Apple A4プロセッサを載せてほしいですね。

Apple A4プロセッサ が載れば、iPhone 3GS とも別物になるはずです。

出版業界と新聞業界への黒船「iPad」

2010/01/28


じわじわと iPad の魅力が私に押し寄せて来ています。

iPad 発表のニュースは、新しいハードウェアが登場したことにあるのではありません。

業界が変わる。毎日を変えてしまう iPad になるということです。

米国を中心に恐らく今後3年間で、出版業界と新聞業界の構造を変えてしまうでしょう。

日本国内ではデジタル化について出版業界と新聞業界は抵抗勢力ですが、いつまでがんばれるか。

日本の映画業界は DVD レンタルサービスやストリーミングサービス、CS 放送やケーブルテレビでの配信止まりで、かたくなに iTunes Store を無視しています。

これはこれで、がんばっていると言える? かもしれませんが。

しかし、イノベーションがないと経済も社会も発展しません。

3月末には WiFi 対応の iPad が日本でも発売されますが、この国の出版業界・新聞業界・映画業界が変わってくれないと、日はもう昇らないのではないかと思ったりもします。

開催前に盛り上がりすぎるアップル・スペシャルイベント

2010/01/27


いよいよ28日午前3時からアップル・スペシャルイベントが始まります。

新製品がタブレット型コンピュータ、書籍、多方面にわたるメディアを再定義するのか。

もしそうなら、iPod + iTunes 、iPhone の比ではないイノベーションとなるでしょう。

開催前だというのに、盛り上がりすぎです。

タスクバー上の「エクスプローラー」、Mac ユーザーにとっては使い勝手がいい

2010/01/26

Windows 7 であっても、仕事をするときは、できるだけ早く、開きたいファイルにたどり着きたいものです。

Windows 7 では、タスクバー上に「エクスプローラー」が置かれるようになりました。

これは、なかなかいい。

前までのバージョンなら何段階かたどっていかないと「エクスプローラー」にたどり着けなかったですね。

「エクスプローラー」のショートカットアイコンを、以前はデスクトップに置いていました。その方が便利だったので。

「エクスプローラー」は Mac OS X で言うところの Finder 。

「エクスプローラー」なら、自分がいまどこを探しているのか、把握できます。

Windows 7 ではデスクトップ左下のタスクバー上に配置された「エクスプローラー」、これは改善でしょう。

Windows 7 を学ぼう(その2)

2010/01/25


7つの魅力のひとつ「デバイスとプリンター」について。

「デバイスとプリンター」を開くと正しい名称がそれぞれについていて、わかりやすいといえばわかりやすい。

ひとつのウィンドウにまとめたという意味では。

Vista で見たところ、確かに、ここまで詳しくはデバイスの名称は表示されませんね。

そもそも、Windows ユーザーの中に、複数のデバイスをつないでいたとして、ウィンドウに表示されるアイコンが、それぞれ何なのか分からない人がいるのでしょうか。

Windows 7 を学ぼう

2010/01/23

まずは知ることです。知らないうちに色々いうことはやめましょう。

msn が「Windows 7 特集」を掲載していますので、ここで勉強することにします。

まずは「7つの魅力」から「1 ますます進化!新しいインターフェイス」から。

Aero プレビュー、Aero シェイク、スナップ、ライブ タスク バー プレビューは動作確認できましたが、Aero フリップ 3D は、どうやったらなるのでしょう。

Windows 7 home premium を iMac では動かしているので、Aero フリップ 3D もできるはずなのですが。

「やはり、そうだったか」と思わせたのが、ライブ タスク バー プレビューの説明。

最後に「その便利さは、使ってみるとすぐに分かるはずですよ」と書かれているように、これまでのタスクバーは、ちょっと厳しかったと私も Windows 使っているときにいつも感じていた部分なのでした。

第1回目、おわり。

iMac への Windows 7 インストール、今回は手こずった

2010/01/22


2日間かけて iMac への Windows 7 インストールを終えました。

その訳は、以下の現象に遭遇していたのでした。

Boot Camp を使って iMac(27-inch, Late 2009)に Microsoft Windows 7 をインストールしているときに、黒い画面が表示されて、その状態が回復しない、という問題。

この現象は、Windows 7 インストーラにこの Mac に必要なグラフィックドライバまたは Bluetooth ドライバが含まれていないことが原因で起きていたのです。

インストール作業を始めた昨日、この現象が出たのでアップルサポートを見てみると、このことがトラブルシューティングに登場。

しかし昨日の時点では、トラブルシューティングにあるこの件は英文。翻訳サービスで訳しましたが、どうも内容をイメージすることができませんでしたのでインストールは中断していました。

今日、作業を再開しようとしたらトラブルシューティングにあるこの件が日本語になっていたので熟読。

ポイントは(1)USB デバイスは「マスター・ブート・レコード」に設定し「MS-DOS (FAT)」でフォーマットする(2)ダウンロード・解凍した「ドライバ」と「AutoUnattended.xml」は USB デバイスにドラッグしてファイルをそこにコピーする(サブフォルダにコピーしない)の2点。

「サブフォルダにコピーしない」という点を昨日は理解できていませんでした。

このことがイメージできたので、作業は順調に進み、やっと Windows 7 のインストールが完了。

このトラブルは貴重な経験と思うようにしましょう。でも疲れました。

本当にアップル・タブレットなのか?

2010/01/19

1月28日午前3時(日本時間)からアップルが開くスペシャルイベント。

そこで本当にアップル・タブレットが発表されるのでしょうか?

新しいカテゴリーの製品が出るのなら、新しいコンテンツを利用できるエコシステムも当然発表するのでしょうから、そのハードウェアもさることながら、どんな総合サービスなのか、できればそこに感動させてほしいですね。

今朝の NHK ニュースでは、米国でのキンドルをはじめとした電子書籍が普及し始めていることのリポートが流れていました。

米国では電子書籍のマーケットがあるでしょうが、日本は悲惨、とても普及するとは考えられません。権利問題のハードルが高すぎます。

iTunes Store で映画のレンタルも販売も、未だ日本国内ではスタートできていない有様。

もし、アップル・タブレットを日本で売るのなら、電子書籍と映画のレンタル・販売以外の目玉機能がないと成功しないでしょう。

どうなることやら。

私にとっては、同日に発表かも? と噂が流れている iPhone 4(iPhone OS 4.0のことでしょう)と iLife 2010の方が、おもしろかったりするかもしれません。

フルハイビジョンで最薄・最軽量「DMX-CS1」が2月19日に

2010/01/17


ザクティシリーズがワンランク・アップしたようです。

フルハイビジョン・ムービーが録れる最薄・最軽量「DMX-CS1」が2月19日に発売されます。

気になるのは、現在のフラッグシップモデル「DMX-HD2000」は12万円程度で発売されたのですが、「DMX-CS1」は4万円程度。

携帯性に優れているのは良いとしても、この価格差はどんなものか。上質のムービーや写真を表現してくれればいいのですが。

しばらくすれば発表されると思われる「DMX-SH1」が広角35mm の性能を持っているようなので、こちらの方が興味はわきますね。