Event Calendar
3月 2010
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031EC
Twitter
カテゴリー

‘2010/03’ カテゴリーのアーカイブ

来ましたね。日本通信、SIM パッケージ製品発売へ

2010/03/17


bモバイルでおなじみの日本通信が、iPad で使える SIM パッケージ製品「通信電池 b-mobileSIM(ビーモバイルシム)」シリーズを4月5日から発売するとアナウンスしています。

この製品、NTT ドコモ3G ネットワーク用の SIM なので、ソフトバンクにとっては手強い相手。

NTT ドコモ3G ネットワークなら、アンテナが立たないところは少ないでしょうから。

1年間パッケージで29,800円は価格破壊。

ソフトバンクの出方も注目されますが、iPad に勢いをつける「通信電池 b-mobileSIM」です。

お遊びアプリの域だが「TeamViewer for iPhone」は将来生きてくるかも

2010/03/10


時々利用している「TeamViewer」ですが、iPhone アプリが出ていました。早速ダウンロード。

TeamViewer for Mac は、現在バージョン4なので、Mac をリモートコントロールすることはできません。

それで、TeamViewer for Windows(バージョン5)を Windows 7 にインストールしてテストしてみると、リモートコントロールできてしまいました。不思議な感じです。

Wi-Fi 環境でのテストでしたので、3G ではちょっと厳しいか。

おもしろいのが、ポインタもちゃんと iPhone の画面上をスムーズに移動し、ダブルクリックは2回タップ、キーボード入力もできて、右ボタンもありです。

13インチの画面を持つ MacBook をリモートコントロールするのなら、「TeamViewer for iPhone」の Web サイトに掲載されているように、iPhone の画面上でもなんとか操作できるのではないでしょうか。

今のところ「TeamViewer for iPhone」の使い道は思い浮かびませんが、iPad でも動くはずなので、そうなれば、いろいろとアイデアが出てくるかもしれません。

もう私は iPad を手に入れた風景を想像している

2010/03/08


米国で流れる iPad のテレビ CM が出来上がっています。

米国は一足早く4月3日発売。

もう私は iPad を手に入れた風景を、この CM と同じように想像しています。

4月下旬が待ち遠しい。

使用済みノートブック用充電式電池は「充電式電池リサイクルBOX」に

2010/03/06


こういうリサイクルの仕組みがありましたか。

処分方法がわからずに、そのままにしていた iBook の使用済みバッテリー。

近所のリサイクル協力店「ベスト電器原店」に持っていきます。

iPhone アプリ「Echofon」でコメント付きリツイート

2010/03/04

iPhone アプリ「Echofon」でのコメント付きリツイートの仕方がわかりにくかったのですが、こうでした。

リツイートしたいつぶやきをタップ。

「Retweet」ボタンがあるのでタップ。

こうなるので「Retweet with Comment」をタップ。

「RT」の前で Iビームが点滅しているので、そこから書き始めれば OK です。

「Echofon for mac」でコメント付きリツイート

2010/03/04

これも捨てがたい Mac 用 Twitter アプリ「Echofon for mac」。

「Echofon for mac」でも右ボタンでコンテキストメニューが表示されるので「Retweet with comment」を選択すれば OK です。

「夜フクロウ」でコメント付きリツイート

2010/03/04

Twitter では主につぶやいてばかりいるので、つぶやきの転載「ReTweet」(RT)の方法について質問を受けても即答できなかったので勉強です。

Mac 用 Twitter アプリ「夜フクロウ」では、右ボタンでコンテキストメニューが表示されるので「コメント付きRetweet」を選択すれば OK でした。

これなんです。会社のインフラ整備に欠かせないものは

2010/03/02

ファーストリテイリング、よくやった。

柳井さんは ICT の効果を生み出すのが何なのか、わかっているのでしょう。

ファーストリテイリングに iPhone 3GS を1,200台納入」の情報にいま気づきました。

こういうニュースが、私に元気をくれます。

ファーストリテイリング社員の潜在能力を最大限に発揮してくれるに違いない iPhone

ただの携帯電話でないことがわかったとき、社員は毎日が変わることに初めて気づくことになります。

MacBook メモリの増設は簡単だったが、予期せぬことが

2010/03/01


底面ケースまで美しい New MacBook でした。

昨日から初期設定作業に取りかかり、今日はメモリ増設も。

アップル Web サイトにも書かれているように「MacBookは、外側だけでなく、内側も入念にデザインされています」というのは正しかったです。

しかし予期しないことが起きて、最初は「なぜ?」と理解できずにいたました。

私を不安にさせたのが、底面ケースと8本のネジ。

もちろん締めすぎてはいけません。ただ、ネジがゆるむことのないように最適に締めたつもりでいたのですが、底面ケースを取り付け、机の上で MacBook を使い始めると、底面が少ししなるというか、水平でなくなったようでした。

そのせいで MacBook 本体が揺れることに。

よく調べてみると、やはり底面ケースだったようです。

再度、底面ケースを開け、ネジをゆっくりと締め直し、調整して事なきを得ましたが、 New MacBook の仕様は改善した方がいいと思う経験をさせてもらいまいました。