Event Calendar
6月 2010
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930EC
Twitter
カテゴリー

‘2010/06’ カテゴリーのアーカイブ

Parallels Desktop 5 for Mac に一番相性がいいのは Windows XP だな

2010/06/30

ご覧のとおり Parallels Desktop 5 for Mac に Windows 7、Windows Vista、Windows XP をインストールし、さらに Boot Camp にインストールした Windows 7からのブートを可能にするよう設定してみました。

MacBook(2GBメモリ)を使った実験の結果、Parallels Desktop 5 for Mac に一番相性がいいのは Windows XP ということになりました。

Windows OS のうち、XP が一番軽快に動いてくれることが判明。

Windows 7 も Windows Vista も十分なメモリを積まないと、しんどく感じます。この2つの OS なら4GB はメモリがあった方がいいでしょう。

安定した動きを求めるなら Boot Camp での Windows 。しかし、Boot Camp にインストールした Windows 7からブートするとネットワークにつながらない(今回は)。

Parallels Desktop 5 for Mac で Windows 7と Windows Vista は少々重たい。

ネイティブで Windows 7を動かす Boot Camp は、非常に軽快だが、Mac OS X との切替に再起動が必要。

Windows ユーザーに働きかけるには、いずれの方法も微妙な感じです。

いっそ Mac に完全移行してくれる決断をしてくれることが、一番効率的な作業ができると思うのですが。

Parallels Desktop 5 for Mac の姿が見えたテストとなりました。

Mac OS X の「Spaces」は、こう使うのだ

2010/06/29

Mac OS X にある機能のひとつ「Spaces」。

どんなときに使うものなのか、これまで分かっていませんでしたが「これか!」ということを今日発見しました。

Parallels Desktop 5 for Mac のテスト中に気づいたのです。

Spacesでは、初期設定で4つのウインドウが用意されていますが、このテストでは1番ウインドウに Mac OS X Snow Leopard 、2番ウインドウには Windows 7 を割り当て。

Parallels Desktop 5 のアイコンをクリックすると2番ウインドウに自動で Windows 7 が起動する模様がこの動画です。

1番・2番のウインドウ切替は「F8」キーでもいいですし、Mighty Mouse ならボタンに「Spaces」を割り当てても OK 。

または、モニター画面のコーナー(四隅)への機能割り当てを使ってもいいです。

「Spaces」を使うと Parallels Desktop 5 で複数の OS を立ち上げてもシンプルにそれぞれの OS を使えそうです。

Boot Camp + Windows 7 + Wireless Mighty Mouse の問題解決策教えてくれた Laloopa さんに感謝

2010/06/27

先週から Parallels Desktop 5 for Mac のテスト中。

Boot Camp のパーティションからのブートがどんなものかも確認しないといけません。

しかし、Boot Camp で Windows 7 を動かすと Wireless Mighty Mouse が認識しなくて困ってしまいました。

メインマシンの iMac で Boot Camp + Windows 7 + Magic Mouse を動かしていますが、この問題は起きなかったのではないか。

情報を探していると「Boot Camp 上の Windows 7 で Wireless Mighty Mouse を認識しない件について」を発見。

Bluetooth のドライバにかかわる問題のようで、そこに書かれている方法で問題は解決しました。

Laloopa さんに感謝です。

MacBook の HDD を250GB に換装。認識してくれて良かった

2010/06/24

2006年11月に発売された私の MacBook(MA700J/A)。HDD が80GB だったせいもあり、空き容量が心許なくなっていましたので、250GB HDD(日立GST)に交換してみました。

MacBook の HDD の交換は非常に簡単。2.5インチ、SATA、9.5 mm 厚であれば認識するだろうと、深くは考えずに購入しましたが、問題なく動いてくれて良かった。

いま Mac OS X Snow Leopard をインストール中です。

PDFファイルも利用可能になった「iBooks v1.1」

2010/06/23

iBooks」が「v1.1」になり、活用範囲が広がりました。

PDFファイルも利用可能となったのです。

これは、パーソナルな iPad が、仕事で使う iPad に進化していく過程と思います。

ベスト電器のこの記事は「iBooks v1.1」についてのものではないですが、プリントされた資料を配付して会議を行う会社は、まだ多数派でしょう。

もう、総務担当者は会議資料をプリントするのではなく、PDF ファイルを作成し、会議前、該当者に配信。会議出席者は iTunes に会議資料(PDF ファイル)をドラッグ&ドロップ。そして、PC と iPad を同期。あとは iPad だけを持って会議に。

こういうことを経験することで、社内 ICT の改善もイメージが沸いて、改善の提案も出せるはずです。

そこで私はテストの実施。

アップル・サイトからダウンロードした「iPad ユーザガイド」は軽快に動きましたが、Word で作った20ページほどの PDF ファイルは重たいという結果に。原因は探らないといけません。

また、PDF ファイルの検索機能は、速くてすばらしい。

ただ、ePub ファイルと違い、ページめくりができないのが残念。お遊びでのページめくりは楽しいもので。

いずれにしても、個人的なおもちゃの域はすでに脱している iPad です。

iOS 4 のフォルダ、これはいい

2010/06/22

iPhone 3G を iOS 4にアップデートしました。

アップデート後、やはり動作がところによっては緩慢になったところもありますが、新機能を使いたい欲求が勝ったものですから、その点は我慢することにします。

iOS 4で加わった「フォルダ」、これはいいです。

これまでもホーム画面上で並べて配置していツイッター・クライアント・アイコン。「フォルダ」を使った方がうんと楽になります。

「フォルダ」を軽く見ていたのは間違いでした。

お世話にはなりたくないアプリ「iPhone を探す」を入れる

2010/06/21

MobileMe の機能「iPhone を探す」の iPhone/iPad アプリが出ていたのでインストールしてみました。

iPhone で iPad を探してみると、ちゃんと Google Map 上にありかを教えてくれました。

その他、メッセージを表示し、音も鳴らすことができます。

もう手元に戻らないとあきらめざるを得ないときは、ロックしたり、保存された個人情報を消したりすることもできるとのこと。

おもしろいアプリですが、この「iPhone を探す」のやっかいになるようなことがないよう気をつけないといけません。

MobileMe がリニューアルされ MobileMe メールも UI 変わった

2010/06/18

MobileMe サインイン画面が変わりましたが、MobileMe メールも含め、各サービスがリニューアルされています。

MobileMe メールは iPad メールに見た目が似てきました。

使いやすく改善されたと言えるでしょう。

それはそうと、MobileMe カレンダーに iPhone と iCal のカレンダー情報が同期されるように、この間、設定していましたが、同期されていないことに今日気づきました。

iPhone 3G を買った2年前に設定したのですが、どうのように設定していたのか思い出せません。

ちょっと困った。

昨日観ることができなかったので。ソーシャル××について考える

2010/06/17

デジタルステージ・平野さんのこのプレゼン、結構重要なのです。

インターネットが変わろうとしています。

周辺機器をコストカットすれば、10万円で27インチの Mac 環境が手に入る

2010/06/15

Mac mini が、薄さ3.6cmの新しいアルミニウムボディになって生まれ変わりました。

メモリが 2GB なのは少し気になりますが、ちゃんと立派に Snow Leopard は動くので、ご心配なく。

最大 8GB までサポートしますから、ぼちぼち増やしていくということで OK 。

27インチ・モニター IIYAMA ProLite E2710HDS-B PLE2710HDS-B1 あたりと、キーボード+マウスは、ロジクール Wireless Desktop MK320 でどうでしょう。

10万円で27インチの Mac 環境が手に入ります。

モニター、Windows 用キーボード、マウスをお持ちなら、New Mac mini 1台で大丈夫。

Google Apps の導入で IT コストを削減し、Mac OS X Snow Leopard で生産性をもっと上げましょう。