Event Calendar
8月 2010
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031EC
Twitter
カテゴリー

‘2010/08’ カテゴリーのアーカイブ

iPad 用 Web ブラウザ「iLunascape」は Safari の強敵だ

2010/08/20

ダウンロードしてみましたが、iPad 用 Web ブラウザ「iLunascape」が非常にいい。

Opera Mini Web browser が出たときにも感動しましたが、「iLunascape」は、さらに使いやすいと感じました。

動きも軽く、タブブラウザという点がすばらしい。

私の iPad 上で Safari と競争ですね。

待ちに待った D3100 が発表された。またもや、だが

2010/08/19

9月16日発売と発表されましたニコン D3100

ほしい、使ってみたいと思わせるスペックです。

だが、ニコンらしいと言えばニコンです。外部マイク入力・ステレオミニジャックが付いていないではないですか。そんなことになるのではなかろうかと、いやな予感はしていましたが。

ニコンには、今の時代、ただ一眼レフで高画質の写真だけを撮りたいと思うユーザーだけではないことを分かってもらいたい。

キヤノンは、ちゃんと EOS Kiss X4 で実現しているのですから。

X4 のことをまた考えるようになりました。

iPad アプリ「ぐるなびレシピ」が楽しくなっている

2010/08/18



iPad アプリ「ぐるなびレシピ」が楽しくなっています。

ダウンロードしたとき、すでに動画レシピもありましたかね。先ほど気づきました。

レシピ本買ったり、Web サイトで探したり、夕飯のメニュー増やさないといけないので、これ助かります。

冷蔵庫に、ごぼうが2本残っているので、明日は「きんぴらごぼう」で行きますか。

でも、料理作りながら iPad 触りたくないですね。何とか工夫して「ぐるなびレシピ」を活用してみましょう。

話は変わりますが、料理の写真、美しく撮る技を身につけたいですね。ライティングが肝なんだろうな。

iPad アプリ「Photoshop Express」なかなか。気に入った

2010/08/17

iPhone では画像加工をしようとは思いませんが、iPad なら考えてもいいです。

Adobe が iPad に対応した「Photoshop Express」を出したとのことだったので、早速テスト。

トリミングやエフェクトなど、いろいろとそろっていて、感じはいいです。

リサイズ機能が、ないですかね。

リサイズは、iPad アプリ「Photo Pad」に任せることにします。

未経験だったiPad での画像取り扱い、これからはできそうです。

5月に撮影していた写真もこのとおり。

理想書店から「ぼくたちの空とポポの木」を購入

2010/08/15

先週開かれた第2回「九州電書」電子書籍勉強会の中で紹介されていた「ぼくたちの空とポポの木」を購入。

当日の勉強会には、この本の絵を描いた「わたなべみなこ」さんも参加されていて、不思議な感じがしました。

電子書籍のフォーマットは、日本国内でも主導権を握ろうとすでに複数が登場していますが、ここ1、2年の間にさらに多くの参入が出版社系、IT 系企業により行われる予定になっているようです。

さて、この「ぼくたちの空とポポの木」なのですが、iPad での表示が非常にきれいです。

まるで ePUB のようだ、と思っていたら、ePUB 系だったのです。縦書きでルビがふられていたので ePUB ではないだろうと思っていましたが。

理想書店を運営する株式会社ボイジャーのプレスリリースに、ちゃんと説明されていました。

〈抜粋〉
iPad 用専用アプリケーション「Voyager Books」に実装されているビューア「T6i」は、正式名称は「T-Time6 iPhone/iPad ePUB Extention」といい、これからの eBook の国際標準化を視野に入れた読書エンジンを備えています。文字サイズの調整のほか、読書中に輝度を変更できるなど、読みやすさに配慮した機能で、これから普及するであろう ePUB データについても、iPad 上に美しい日本語縦書き表示を可能としていく準備がなされています。
————————————

「ぼくたちの空とポポの木」はダウンロード購入できる電子書籍ですから iPad がインターネットにつながっていなくても利用できるのが利点。

アップルの iBooks のレベルに一番近い書店のような気がします。今のところ。

iPhone 4 でのビデオ撮影、映像はきれいな方と思う

2010/08/13

昨日、熊本の実家で iPhone 4 でのビデオ撮影を初体験。

映像はきれいな方と思います。

ピント合わせは、ピントを合わせたい場所を指先でタップするだけ。

本当でした。これも初体験。

不安的中。「iPhone 4 ケースプログラム」申し込み完了していなかった

2010/08/11

iPhone 4 ケース無償提供プログラムを7月26日申し込みしていた途中、「iPhone 4ケース提供プログラムアプリ」が落ちたと感じたにもかかわらず、必要項目の入力は、ほぼ終えていたので手続きは完了したものと思っていたのですが、ふと不安に。

その時「iPhone 4ケース提供プログラムアプリ」も消えてなくなっていましたし。

ちらほら「Bumper が届いた」という情報を目にすると、もしかしてうまくいっていなかったのでは、と思い始めたのです。

2回目の申し込みと認識されたら、はじかれるだろうと思い、再度アプリをダウンロード。

注文したのは「Snap Case for iPhone 4」。

操作を進めていくと「ありがとうございました。ご注文を承りました」とのメッセージ。

はやり申し込みは済んでいなかったのです。

危ないところでした。

かなり自由度が高いみたいだ。「BiND4」のテーブルパーツ

2010/08/10

昨日は「BiND4」から加わる機能のテーブルパーツに気づかず、スルーしていました。

今夜、デジタルステージから来たメールマガジンを読んでいて気づいた次第です。

これ、もしかして、かなり自由度の高い作表機能かもしれません。

操作ボタンの様子が、そう思わせます。

それでも「BiND for WebLiFE* 4」に期待

2010/08/09

8月4日にプレスリリースされていましたね。「BiND for WebLiFE* 4」(BiND4)が、9月17日に発売されること。

予想どおり Flash を使わずにスライドショーを作成するアプリケーションを追加するようです。

「SHiFT for WebLiFE*」(シフト・フォー・ウェブライフ)というそうですが、画像の中にテキストが配置可能か、その点に関心。

デジタルステージが、単なる画像のスライドショー機能で終わらせることはないだろうと思ってはいるのですが、さてどうなるか。

よくやった! と言えるのが「Twitter」と「Ustream」にリンクする機能を SYNC サービスに追加したことです。

「Twitter」と「Ustream」は、これから必須でしょう。

いま私が利用している「BiND3.5」が、Mac OS X Snow Leopard(iMac)では SYNC サービスが一部利用できない不具合が直らないでいます。

SYNC サービスをページに配置するとき、いちいち Mac OS X Leopard(MacBook の外付け HDD)の「BiND3.5」で、その部分を制作して Mac OS X Snow Leopard(iMac)にコピーして戻す作業が必要となっていますので、ちょっと面倒なのです。

来月17日、Mac OS X Snow Leopard(iMac)で「BiND4」が問題なく動作してくれることを一番に期待しておきましょう。

そうでなければ泣きます。

iOS 4では SMS/MMS に文字数カウントが付いていたのでした

2010/08/07

iPhone の SMS/MMS は吹き出し表示が楽しさを引き出していて、すばらしいと思っています。

その SMS/MMS 、iOS 4になってから文字数カウントが付いていたのでした。ツイッター・アプリのようで、なかなかいい。

ところで、70という表示。いったい70文字とはなんなのか? 調べてみました。

ツイッターと同じで、140文字が上限だと思い込んでいましたが、送信文字数は「最大670文字」と書いてあるので、それも違う。

また、SMS と MMS の関係は?

私はまだ iPhone について知らないことばかりです。

SMS か MMS かは、メールの種類や内容によって自動で選択して送受信するそうです。

電話番号宛で、件名のない本文だけで、67文字以内なら SMS になり、それ以外は MMS になるとの情報も。

では、67文字と70文字の関連は、何なのだろう。

よくわからん。