Event Calendar
2月 2011
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728EC
Twitter
カテゴリー

‘2011/02’ カテゴリーのアーカイブ

HP が発表した webOS 搭載の3新製品に注目していく

2011/02/11

2月9日に開かれた HP webOS Think Beyond Event で webOS が搭載された「HP TouchPad」「HP Veer」「HP Pre3」の3新製品が発表されました。

webOS の UI が iOS に似ている気もしますが、それは置いといて、YouTube で公開されている「HP webOS Think Beyond Event (February 9th, 2011)」を観る限り、楽しそうな OS です。

「HP TouchPad」「HP Veer」「HP Pre3」ともデザインはすばらしい。オプションのワイヤレスキーボードも美しい。

そして、Palm OS の血を引き継ぐ webOS 。

Palm が日本から撤退して、Palm ブランドは日本では忘れ去られたかのようですが、HP に買収されたことにより日本でも Palm の血統が復活できる可能性が出てきました。

日本での展開は厳しいと思いますが、日本 HP には、ぜひ上陸の決断をしてほしいものです。

iPhone アプリ「Google 翻訳」の Google らしいところがいい

2011/02/10

音声を吹き込んだら翻訳してくれる iPhone アプリ「Google 翻訳」は、Google らしく頭のいいアプリでした。

最近の音声認識は、かなりのレベルに達してきていますね。何回かは失敗するとしても、私が発する言葉をテキストに変えてくれるのですから。

「買い物とウォーキングに行ってきます」と正しく認識して、このとおりに翻訳。訳文を読み上げてもくれます。

相手に見せるための全画面表示も。

逆はできないかと思い、「日本語」と「英語」を逆に設定して、スティーブ・ジョブズ CEO のプレゼンテーションを聞かせましたが、日本語訳はへんてこでした。

「英語」から「日本語」への翻訳の精度が増せば、お互いの iPhone の「Google 翻訳」を見せ合いながら、会話ができる日が来るかもしれません。

富士ゼロックスが随分昔にポータブル翻訳機「流暢」シリーズを出したときは、CM を観ながら、わくわくしたことを思い出します。

iPad/iPhone よ、Flash が動けば、もう後ろ指さされることもないよね

2011/02/09

今朝、Twitter の TL に目を通していたら、Puffin という Web ブラウザ iPad/iPhone アプリのことが目に止まりました。

iPad/iPhone で Flash を再生する Web ブラウザ? 信用できない。Skyfire で裏切られたので半信半疑。という感じでしたが、再挑戦してみようとダウンロードしてみました。115円でしたので。

久しぶりに感動しました。

iPad で Flash が再生されたのです。私が作って Web サイトに配置している Flash が iPad 上で動くのは初めて見ました。

もう Flashで後ろ指さされることもないですね。

スバル・レガシー B4 の Web サイトを iPad の Safari で見ようとしても、このとおり。表示されません。

iPad の Puffin で見ると普通に表示されます。

Puffin すごい。

FileMaker Pro 11と Gumap!Maker2 のコラボもおもしろい

2011/02/02

昨日は FileMaker Pro 11× iPad × FileMaker Go の可能性について書きましたが、今日は Googleマップを活用したオリジナルの地図を作成できる無償アプリ「Gumap!Maker2」もその仲間に入れてみたいと思い、テストしてみました。

iPad × FileMaker Go で Google マップに1本ピンを立てることができますが、複数立てることはできません。

そこで登場するのが「Gumap!Maker2」。

FileMaker Pro 11で検索したデータを Excel 形式で書き出し、CSV 形式に変換しておいた方が良いでしょう。

そのファイルをテキストエディットで開き、もし住所の市区町村名、番地にタブが入っているのなら置換を使うなどしてタブを削除し、連続した市区町村名、番地に整理。これで準備 OK です。

Gumap!Maker2 の「名前」欄に「名前」を、「住所一覧」欄に「住所」をコピー&ペーストしたら「住所一覧からマップ作成」をクリック。

するとこのように読み込まれた件数のピンが立ちます。

画面の切替も。

拡大も、このくらいまでは。

「Gumap!Maker2」は、Mac 版と Windows 版のアプリですから iPad では無理ですが、地図画像を保存できるので各種倍率の印刷ができるのはおもしろいですね。

ゼンリンの住宅地図や電子住宅地図デジタウンを買わなくても、ほぼ大丈夫な「Gumap!Maker2」です。

ビジネスの現場での可能性を感じる FileMaker Go

2011/02/01

先日より、FileMaker Pro 11 で顧客データベースを作ってきましたが、それをさらに一歩進め、屋外で顧客データベースを活用する方法を探ってみました。

それに最適な情報端末は iPad 、それと FileMaker Go です。

ということで、FileMaker Go のテストをしてみました。

顧客データベースを iPad へ保存したいのなら、iTunes を経由して取り込む方法や、クラウドに保存した顧客データベース・ファイルをダウンロードする方法があります。

ローカルネットワーク上に顧客データベースを共有設定しておけば、iPad からアクセス(アクセス権も設定して読み書き可能)できました。

FileMaker Server 11があれば、3G 回線でもアクセスできて、iPad から読み書き可能です。

では、顧客データベースを iPad で開いてみましょう。顧客データベース本体と同じレイアウトが再現されています。

Google マップもちゃんと。

FileMaker Go 内での Google マップはブラウズのみ(拡大・縮小は可)ですから、それ以上のことをするのなら住所をコピーし、iPad の Google マップにペーストして検索すれば、この通り。

道順を調べたいなら。

データベースへの読み書きと目的地までの道順まで示してくれます。

もうこのレベルですから、iPad × FileMaker Go はビジネスの現場で十分活用できますね。