Event Calendar
4月 2011
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Twitter
カテゴリー

‘2011/04/20’ カテゴリーのアーカイブ

お客様には圧縮・解凍ツール「Keka」を紹介することにしよう

2011/04/20

昨日、お客様から「メールに添付されてきたパスワード付きワードファイルが開かない」とのヘルプ・コール。

電話だけでは要領を得なかったので、本日訪問ということになりました。

ファイルを確かめると圧縮ファイルの zip ファイルでした。

Windows ユーザーが作成したパスワード付きワードの zip ファイルのようでしたので、Mac 上で解決することは後回し。短時間で、この課題を解決したいですから。

お客様の iMac には Boot Camp で Windows Vista をセットしていたので、まずは Vista を起動。

問題の zip ファイルは USB フラッシュメモリにコピーし、iMac に差したままでしたから Vista が起動したら、そのままコンピュータ>リムーバブルディスクへ直行。

新しい発見でしたが、Vista のリムーバブルディスクを開いてみると圧縮ファイルのアイコンではなく、普通のフォルダとして見えるのですね。

ダブルクリックするとパスワードを求めてきましたので、指定のパスワード入力。読み取り専用でワードファイルが開いたので、別名で保存。これで課題は解決したのでした。

でも何だか面倒ですね。

解凍ツールを普段使わない、かつ Boot Camp も滅多に使わない Mac ユーザーにとって、これは面倒な作業でしょう。

だったら Mac 版解凍ツールを使った方がシンプル。

どの解凍ツールをお客様に紹介しようかと探したところ、現時点では圧縮・解凍ツール「Keka」がベターだろうという結論に達したところです。

Mac ユーザーなら「StuffIt Expander」が標準ですが、最新版「StuffIt Expander 15.0.2」で解凍できなかったので、動作確認できた「Keka」を紹介することに。

問題は今回のパスワード付き圧縮ファイルが Windows 版圧縮ツールを使用しているせいなのでしょう、「Keka」でパスワード入力後、解凍はするのですが、ファイル名が文字化け。

まあ、完璧ではないですが、ワード・ファイルの中身がトラブル起こしているわけではないし、ファイル名を変更すればいいこと。Boot Camp 使うよりシンプルです。

最近では「StuffIt Expander」を使う機会も少なくなり、ダブルクリックで解凍できるフォーマットが主流となりました。

そんな中、ちょっとしたトラブルにより出会った圧縮・解凍ツール「Keka」、新たな発見はうれしいことです。