Event Calendar
5月 2011
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031EC
Twitter
カテゴリー

‘2011/05’ カテゴリーのアーカイブ

Podcast のエピソード追加は iPhone からもできたのだった

2011/05/29

これも知りませんでした。

Podcast のエピソードを追加するには、Mac または PC の iTunes で更新して最新状態にした後、iPhone と同期。この方法しかないと思っていましたが、iPhone からもできたのですね。

今朝、食器洗いをしながら「久米宏 ラジオなんですけど」を聴こうとして、最新の5月28日の分を iPhone にまだ入れていなかったのに気づきました。

これまで気にもとめていなかった「さらにエピソードを入手 … 」が目に止まったのでタップしてみたら、iTunes アプリが起動してダウンロードに導くのでした。

ほ〜、と感心。

また使っていない知らない機能、限りなくあるみたいです。

ワコムも出したか iPad 向けスタイラスペン

2011/05/28

邪道のスタイラスペンを忘れることができないでいます。

とうとう、あのワコムも iPad 向けスタイラスペン「Bamboo Stylus」を出しましたね。

いらないものは買わない主義。

でも、買って失敗したと感じたとしても後悔するような価格でもなし。

スタイラスペンがあったら生きてくる iPad/iPhone アプリがあるんですよね。

早くも「BiND の教科書」が初代 iPad に対応

2011/05/27

3日後に対応完了でしたね。デジタルステージ、仕事が早い。

5月24日にここで書いた iPhone アプリ版「BiND の教科書」が、初代 iPad にも対応するようアップデータが今日提供されました。

はるかに iPad の方が見やすいです。

もうこれからは、資料などは iPad 対応で配布でしょう。

来週お伺いするところのシャープ複合機「AR-205FGN」の設定のため、「取扱説明書 共通編/コピー編.pdf」「取扱説明書 ファクス編.pdf」「ソフトウェアセットアップガイド.pdf」は、iPad の iBooks に保存しました。

このスタイルが一番と思います。

FileMaker のリレーションに七転八倒

2011/05/26

カード型データベースから出発して、リレーショナルデータベース、Web データベースへと進化してきた FileMaker 。

今、2万件を超えるレコードを FileMaker Pro 11 で再構築するプロジェクトに取り組んでいるところ。

データベースは、できるだけシンプルに、誰にでもわかる操作性であることが重要だと思っています。

2万件のレコードを解析した結果、リレーションを設定して構築した方がシンプルになると判断。ここ数日、いろいろと実験を重ねてきたところです。

基本的なリレーションでは目的が達せられず、ルックアップでもダメで、ポータル機能ではないかというところに落ち着きました。

理由は「A」さんという人のレコードが、何件もあるから。

「A」さんという人の1件のレコードに情報が集約されているわけではないのです。

やっと頭が整理されてきたので、初体験のポータル機能活用です。

FileMaker Pro 11で、こつこつ行ってみます。

太っ腹! iPhone アプリ版「BiND の教科書」6月末まで無料

2011/05/24

デジタルステージ、太っ腹です。

BiND for WebLiFE* 4の公式ガイドブック「BiNDの教科書」の iPhoneアプリ版(電子書籍)を6月末まで無料で提供しています。

本は持っていますが、やっぱり電子書籍でしょう。

ただ、iPad は iPad 2 にしか対応していないので、私は利用できないのが残念。

iPhone に入れましたが、iPad 2 で見た方がいいと思います。

平野さんには感謝です。

(追伸)
よかった。近日中に初代 iPad にも対応するとのことです。

WWDC2011まで、あと2週間

2011/05/23

「iOS と Mac OS X の未来」がメインテーマの WWDC2011 まで、あと(ほぼ)2週間となりました。

iOS は、ちょっと落ち着いた感があるので、何と言っても Mac OS X Lion(10.7)でしょう。

2001年、Mac OS X 10.0 の登場以降、進化を遂げ、Lion では iOS の UI を少し取り入れるようですから、Mac OS X の操作スタイル、目的へのアプローチがエンドユーザーごとに今後は違ってくると思われます。

伝統的に Macintosh HD アイコンをデスクトップに表示させておく、それをダブルクリックで開き、そこからアプローチするベテラン Mac ユーザーがいてもいいですし、Finder があれば十分とMacintosh HD アイコンを非表示にするユーザーがいてもいい。

エンドユーザーにとって最良の使い方ができる UI を提供してくれれば、それでいいのです。

そして、6月7日(日本時間)初体験となる新たな UI を Mac OS X Lion が披露してくれます。

ワクワクさせてくれる「FingerPiano for iPad」

2011/05/22

FingerPiano for iPad」が楽しい。

iPhone アプリ「MiniPiano」は入れていましたが、「FingerPiano for iPad」は全然違いました。

私の能力でクラッシックの名曲を弾いているわけではないのに、演奏アシストが、よくできています。

あ〜、ワクワクした。

日本語化された iOS 版 WordPress を試す

2011/05/20

日本語化された iOS 版 WordPress を試してみました。

iPhone でムービー録って、簡単に貼り付けられますね。

20110520-231736.jpg

写真撮って貼り付けてもライブラリから選択してもいいです。

日本語化される前に、このアプリは使ってみましたが、イマイチだったので削除していました。

これは、かなりの改善ですね。

iPhone からの投稿でした。

「朝日新聞デジタル」7月末まで、まず使ってみよう

2011/05/19

朝日新聞社が「朝日新聞デジタル」をスタートさせました。

創刊記念キャンペーンで、2011年7月末まで無料なのでテストしない手はありません。

私は朝日新聞ユーザーなので「月ぎめ1,000円」で利用できる「ダブルコース」を申し込み。

iPad アプリをダウンロードして「朝日新聞デジタル」の開始といきます。

開いてみた感想は、悪くはないです。文字の大きさ設定に自由度がありますし。

リアルタイム速報の「24時刊」、1日のニュースをまとめた「朝刊」、暮らしを豊かにする「You刊」と3つに整理。

「24時刊」「朝刊」「You刊」は、ダウンロードしておけば書庫に並べられ、オフラインで見ることができます。

iPad で横位置表示する「ランドスケープ」にならないのが残念。今後アップデートで改善されるかもしれませんが。

iPhone アプリは提供されていないので、Safari でログイン。PC 版「朝日新聞デジタル」の利用となります。

さて、購読料金ですが、デジタル版のみの「デジタルコース」が「月ぎめ3,800円」というのはいかんでしょう。

既存メディアは終わっていると思っている私でも「デジタルコース:月ぎめ2,000円」なら、間違いなく「朝日新聞(宅配)」は購読中止して、「朝日新聞デジタル」に一本化するのですけど。

「カルテル」を結んでいる大手新聞社に、それを求めるのは無理なのか。

「新聞のデジタル化ビジネスモデルは失敗」→「やっぱり新聞は紙でなくっちゃ」に落ち着くことを最も期待している大手新聞社経営陣。

今日のテーマでも「新聞業界に孫正義はいないのか」に行き着くのでした。

iPhoto の「人々」機能を PR したものの

2011/05/18

iPhoto には、フォトライブラリの写真を写っている人ごとに並べ替えることができる「人々」機能がありますね。

昨日「Mac も使えるようになろうかな」と思っているお客様に iPhoto の「人々」機能を驚いてもらい、うれしく感じたところです。

それで実際に「人々」機能を使ってもらったのですが、違っている人も何点か含まれてしまい、予想外の展開に「まずい」。

「私も普段は使わない機能なので・・・」などと冷や汗をかきながら、間違って同人物と認識したことを解除する方法をあれこれ試みましたが、わからず、宿題にさせてもらいました。

帰って確認したところ、間違っている写真を「クリックすると拒否(解除の意味)」されることになっていたのですね。

ベリー・ベリー・シンプルなのでした。