Event Calendar
5月 2011
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031EC
Twitter
カテゴリー

‘2011/05’ カテゴリーのアーカイブ

あったら便利だった「PosteRazor」

2011/05/17

今日、A3サイズの資料が届きました、でも私が持っているプリンタは A4 サイズ。

分割して A4 サイズ2枚に印刷してくれればいいのですが、Mac OS X のプリンタドライバには、今回のようなニーズに応えてくれる分割印刷機能はないのです。Windows にはありますけど。

近所の美容室が、A4用紙で分割印刷したポスターをはっていたのを思い出します。それはおそらく、Windows PC から印刷していたはずです。

それで、Mac でも何とかならないかと探してみたら、ありました。

大きなポスターを分割して印刷できる「PosteRazor」というソフトです。

試してみたら、そのとおり。きっちり A4用紙で分割印刷してくれました。

これまで私にも、A2サイズとかA1サイズとか印刷が必要になったことがありましたが、その時はプリントサービス会社に依頼していました。

でも、そこまでする必要がないときは「PosteRazor」でいいですね。

Windows には普通に付いていた分割印刷機能。あったら便利だということがわかりました。

エンドユーザーを困惑させてないか? Internet Explorer のアドオン

2011/05/16

時々サポートしている Windows XP ユーザーから、先ほど「インターネットにはつながっているけど、Internet Explorer が開かない」というヘルプ・コール。

詳しく話を聞いてみると、Internet Explorer の起動時に「アドオンなしで実行している」というメッセージが表示されているとのこと。

アドオン? なにそれっていう感じです。私には。

主に Safari 、Firefox 、Google Chrome しか使っていないので、Internet Explorer のことは、あまりよくわかりません。

Firefox にもアドオンがありますが「勝手」にインストールされることはありません。あくまでもユーザーの選択と判断。

この XP ユーザー、何か触られたのでしょうか。「なにもしてない。いきなり」とおっしゃっていましたので、そうなのだと受け止めて、宿題にさせてもらいました。

調べてみると以下のような対応が必要のようです。

「このメッセージは、Internet Explorer がアドオン無効の状態で開かれた場合に表示されます。Internet Explorer を通常どおり (アドオンを有効にした状態) に実行するには、[スタート] メニューから [Internet Explorer] を選択します。[Internet Explorer (アドオンなし)] は選択しないでください」とのこと。

やはり、ちょっとこれも複雑系では。

エンドユーザーを困惑させてはいませんか? Internet Explorer のアドオンよ。

テクノロジーだけでは、何かが足りない

2011/05/15

” テクノロジーだけでは、何かが足りない。

テクノロジーから解放されたとき、すべてはもっと楽しくなる。魔法のように ”

ついスペックを気にしてしまうことを戒めなければ。

We Believe

これがアップルの精神です。

Chrome OS 搭載 VAIO が出れば、おもしろいことになると思うのだが

2011/05/14

「起死回生」という表現は SONY に対して失礼になるでしょうか。

「一発逆転」というのも適切ではないでしょうか。

SONY の前身「東京通信工業株式会社」の経営方針にある「他社の追随を絶対許さざる境地に独自なる製品化を行う」という精神は、まだ生きていると信じたい私。

VAIO は Windows OS にしばられて SONY ブランドの魅力を活かせていないのではないか。そう思い続けています。

「真面目なる技術者の技能を、最高度に発揮せしむべき自由闊達にして愉快なる理想工場の建設」という会社設立の目的を持っていた SONY とマイクロソフトとでは、どうも違うのです。

VAIO には Windows OS よりも Chrome OS でしょう。

Web さえあれば、なんでもできるコンセプト= Chrome OS に VAIO は舵を切ってもらいたい。

それは、日本国内で最もインパクトを与えられる PC メーカーだと思うからです。

サムスンとエイサーから Chrome OS 搭載「Chromebook」が登場するといわれても(日本国内では発売予定はありませんが)、インパクトが弱い。

フロッピーディスク時代から引きずっている PC の過去の歴史を断ち切る決断が SONY にできれば、新しい世界が切り拓かれると思うのですがね。夢想でしょうか。

問われるのは「守るか、攻めるか」です。

課題や試練を与えられると収穫につながる

2011/05/13

今日、お客様から画像のアウトラインを描く機能のあるフリーソフトはないでしょうか、との問い合わせ。

自分ではインストールしていなくても Mac 版フリーソフトは、一度や二度、情報だけは目にしていると思っていますが、まだまだ知らないことが多いことを実感したところです。

ここ数年愛用しているフリーのグラフィック編集・加工ソフト「GIMP」で何とかならないかと調べてみましたが、問い合わせへの正解とは違うような。

Windows 版なら「輪郭抽出器」というおもしろいものがあったのですが、これに近い機能がご要望と理解して、更に探してみると、ありました。

初めてお目にかかる「ToyViewer」というソフトが。画像ビューアで「輪郭抽出などの特殊効果も可能」と書いてありましたので実験です。

オードリー・ヘップバーンが、こうなりました。


お客様へはメールで回答。求めていらした機能ならいいのですが。

私としては、自ら必要としないので、このような問い合わせをいただかないと知ることもなかった「ToyViewer」、そして輪郭抽出という機能。

課題や試練を与えられると収穫につながりますね。実感しました。

鍛錬を忘れないようにします。

これ気に入った! 「iA Writer」

2011/05/12

これまでテキストエディタアプリは持っていなかったので、少し文章を書く必要があるときは、iPad のメモアプリを使っていました。

ところが、先ほどテキストエディタアプリ「iA Writer」を買って使ってみたところ、iPad のメモアプリに、やっぱり不満があったんだ、と気づいた次第。

iPad のソフトウェアキーボードにカーソルキーが、あるのと無いとでは大違いでした。

これ気に入った!

最近 iPad 2 のことを聞かれることが増えた

2011/05/11

iPad 2 を、まだ遊び道具だと思っている人がいるようですね。

生産性向上のツールなんですが ・・・。

仕事の現場から家庭まで。

もうそろそろやめませんか。

例えば、会社の会議で300人分、数十ページにもなる資料を複合機でコピーして製本し、会場に持っていくようなこと。

セキュリティ対策をした資料配付用 Web サイトを作って、事前に ePub でダウンロード提供するような事務作業の見直し、というか、構造改革。

無駄な仕事は無くしましょう。

現状維持では地盤沈下しますよ、会社も家庭も日本も。

そうならないために iPad 2 があるのです。

そう私は答えています。

New iMac の登場でデスクトップ型コンピュータの選択肢がなくなった

2011/05/09

デスクトップ型コンピュータは何を選ぼうか?

もう悩む必要もなくなりましたし、悩めなくなってしまいました。

世界中で販売されているすべてのコンピュータの中で、もう iMac しか選べるものがなくなったのです。

それくらい完成度は高い。

クアッドコアに興奮して、サンダーボルトに未来を見る。

FaceTime HD にうっとりして、iLife ’11でデスクから離れられなくなります。

何台でも並べて使いたくなるほどのアルミニウムボディの美しさ。

実のところ、アプリの勝利でもあります。

ホントは私、もう1台ほしいのです。

radiko.jp がラジオを身近にする

2011/05/08

東京・首都圏で利用できていたラジコ(radiko.jp)が、4月22日から福岡県内でも使えるようになっています。

「FM 福岡」は若いときの私にとって魅力を感じる放送局でしたが、年が経つにつれてラジオそのものを聴くことがなくなっていました。

ラジオはもうダメという声も一部ではあるようですが、東日本大震災の被災地に最終的に情報を届けることができたのはラジオだったとも。

ラジオが見直され始めてこの世に出てきた「radiko.jp」、iPhone/iPad で聴いてみると不思議な感じです。

ソフトバンク・ホークスの試合経過は、Twitter で確認することが多いのですが、たまには RKB ラジオや KBC ラジオで実況を聴くのも昔っぽくていいかもしれません。

iMovie ’11 と iDVD の秘密を知ってしまった

2011/05/06

アップルは iMovie ’11iDVD の連携で DVD を焼くという作業の流れを、ひとつの方法として公式に伝えていますが、HD 1080p の元データを使ったとしても満足する美しさで焼いた人はいないのではないか。

そう確信するに至りました。

iMovie ’11 の共有>iDVD… では絶対に美しく焼けない。

美しく焼くには iMovie ’11 と iDVD を直接連携させてはいけないということです。

では、どうするか。

iMovie ’11 から、まずファイルを書き出すのです。

iMovie ’11 の共有>書き出しサイズは HD 1080p を選択>書き出し、で OK 。

または、iMovie ’11 の共有>QuickTime を使用して書き出す… 。

「書き出したファイルを保存…」ウィンドウが開くので「書き出し:ムービーから QuickTime ムービー」を選択して、オプションをクリック、圧縮は H.264、品質は最高、サイズは 1920×1080と設定します。

書き出し時間は結構かかり、容量は当然ながらギガ(GB)レベル。

書き出しが終わったら iDVD で焼きましょう。

iDVD を起動したらテーマが開くので、お好みのテーマを選択、そして iDVD のファイル>読み込み>ビデオ、で OK 。

あとは DVD-R などディスクに書き込んだらおしまい。

フルハイビジョンテレビで観てください。本当に美しいです。Mac で観るよりも。

どうしてアップルは、この操作の流れを知らせないのでしょう。不思議だ。

iMovie を知って、かなりの時が経ちました。加えて、これまで iDVD は、どう使っていいものか理解できていなかったと言えます。

それが、必要に迫られて使ってみたら弱点も理解し、満足を得るための秘密も知ってしまったのでした。