Event Calendar
6月 2011
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930EC
Twitter
カテゴリー

‘2011/06’ カテゴリーのアーカイブ

OS X Lion では動かなくなるデジタルステージのソフトウェア公表

2011/06/30

デジタルステージが「デジタルステージ製品をご利用、またはご検討のお客様へ 『Mac OS X Lion』への対応に関する重要なお知らせ」をアナウンスしていました。

私がメインで使っている iMac(Mac OS X 10.6.7)にインストールしている以下のデジタルステージのソフトウェア6本、すべてが OS X Lion では動かなくなることが判明。

BiND for WebLiFE 4
・BiND for WebLiFE 3
・BiND for WebLiFE 2
・BiND for WebLiFE
ID for WebLiFE
・LiFE with PhotoCinema 2

でも、不思議とショックはないです。OS がらみで動かなくなるソフトウェアが出るのは、よくあることですし。

ここはあきらめましょう。 iMac は Mac OS X 10.6.7 のままで行けばいいわけですから。

どちらかと言えば「BiND シリーズにつきましては、現在、Mac OS X Lion 上で動作する次期メジャーバージョンの開発を進めております」という一文が重要。

また楽しみが増えました。

FileMaker 熱、再び

2011/06/29

ここ数週間、FileMaker Pro 11にかかりっきりでデータベース作りをやってきたせいなのでしょう、再び FileMaker に夢中になっています。

可能性が無限なのです。FileMaker ファミリーは。

8月2日から米国で始まる「FileMaker Developer Conference 2011」での FileMaker Go に関する会議テーマが興味深い。

・FileMaker Go 活用のためのアプリケーション開発
・FileMaker Go のための質の高いインターフェース・デザインパターン
・FileMaker Go 同期手法
・FileMaker Pro/Go 統合のためのケーススタディ

これらのテーマ、私も始めたいですね。

それとともに、私には FileMaker Server を利用した、FileMaker Pro、iPad、iPhone で共有させるシステムの理解が必要になります。

Safari、写真、カメラ、YouTube、マップから直接ツイートできることはシンプルでいいかも

2011/06/27

本家 Twitter の iPad/iPhone アプリはインストールしていますけど、ほとんど眠らせています。

私には、いまいちなんですね。本家は。

iOS 5 に統合される Twitter の使い勝手はどんな出来なのでしょうか。

おもしろいと思うのは、Safari、写真、カメラ、YouTube、マップから直接ツイートするときに、クリップでそれらを留めて送信するよう、見た目のデザインを考えてきたこと。

それぞれ短縮 URL で相手には表示されるのでしょうが。

もしかしたら、相手が iPad/iPhone ユーザーなら、そのクリップで留めたスタイルで受け取ることができるようになっているかもです。

遠視がひどくなっている私にとって重要なのが、文字を大きくできるかどうか。この点は、iOS 5 と統合されているくらいなので、iOS にある文字の大きさ変更が反映されていることを願っています。

iPad 用 Twitter アプリなら「Twitterrific for iPad」、iPhone 用 Twitter アプリなら「Echofon for iPhone」と「Twitterrific for iPhone」が私にとっては定番となっていますので、iOS 5 で私の認識を覆してくれるか、本家 Twitter には期待しているところです。

理解できる情報はありがたい。FileMaker Pro 11 「ポータルフィルタ」を知る

2011/06/25

FileMaker Pro 11 を使ったデータベース作りで、今回初めてポータル活用の意味を理解することになりました。

テキストブックに書かれていることだけでは、イメージがつかめないことが多くあります。

ポータルに関する情報を探していて、偶然ヒットした「FileMaker Pro 11新機能~後編・ポータルフィルタ」。

ここでの説明は、わかりやすかった。

「ポータルフィルタ」という機能が追加されていたのですね。

これがまた、私にとって必要に迫られていた機能に近いことに感動。

Juppo の FileMaker トレーニングスクールも今後は要チェックです。

そういえば、以前買った「FileMaker トレーニング DVD(前編・後編)」、完全に見終わってなかったな。

タイムリーな質問を受けた。来月からは、やっぱり「オートセーブ」でしょう

2011/06/24

たった今、お客様から問い合わせがありました。

エラーが発生して Word が強制終了され、Microsoft Office Word 文書が失われた。

開いてみたが、最後に保存した後で変更した内容は失われている、と。

回復する(可能性のある)方法がありました。

Word 2007 または Word 2003 で失われたファイルを回復する方法」です。

これまで、これらのトラブルには、上記のような方法を取らなければいけなかったのですが、Mac OS X Lion になると違ってくるのですね。

OS X Lion には「オートセーブ」があります。

「オートセーブ」とは「作業中に自然に手が止まるたびに、そして5分ごとに、作業を自動的に保存します。保存の際、Lion は書類のコピーを追加で作るのではなく、作業中の書類の中に変更を保存します。そうしてハードディスクの空き容量を有効活用する」機能です。

OS X Lion は2011年7月、この種のトラブルを、ほぼ過去の話にしてしまいます。

来月からは「昔はエラーが発生して強制終了したら Word 文書が失われていたよね」という会話をするようになるでしょう。

Time Capsule に 3TB モデル登場

2011/06/22

究極とは、こういうことを言う。

Time Machine で複数台 Mac のバックアップがとれる。

無線 LAN ルータである。

Bonjour 対応のプリンタを共有プリンタにしてくれる。

ゲスト用 Wi-Fiネットワークが作れる。

少し注意する点はあるようだが、Windows PC でもバックアップ用に使える。

Time Machine ということは、移行アシスタントが使えるということ。すばらしい。

ただ、無線利用の場合は、移行アシスタントが完了するのに、かなり時間はかかるらしいですが。

無線 LAN ルータの買い換え時、外付け HDD の買い換え時が、なかなか一致しないので Time Capsule を手に入れる機会に恵まれませんが、家庭用には究極の逸品です。

iOS 5 の「リマインダー」が来たら Wunderlist とは、さよならか

2011/06/21

2008年7月から iPhone を使い始めて、満足の域に達していないのが To Do アプリ。

今は Wunderlist を使っています。

Mac or PC とインターネット上で同期してくれて便利ではありますが、特に感動は、なし。

で、今秋提供される iOS 5 の To Do アプリ「リマインダー」に期待しているところです。

メインで使っている iCal とも連携するようなので。

特定の場所に着いたら通知するように設定できるようです。

GPS の活用ですかね。

リマインダーと Wunderlist の交代は濃厚です。

iCloud が始まれば AOL アカウントを取得する必要もなくなる

2011/06/20

iCloud が提供されたら、何もかもが楽になります。

日本では Skype も普及しているわけでもないのに、iChat はもっと厳しい。知らない人が、ほとんどでしょう。

iChat を使うには、有料の MobileMe アカウントを取得するか AOL のアカウント取得が必要となります。

iChat そのものも知られていないことに加え、有料の MobileMe を契約する人など、いるわけない。

MobileMe を避けて無料の AOL のアカウント取得するにしても、どこで取得するのかが、またわからない。

ここでするんですね。その1その2>「今すぐ登録!」をクリック。

普及の芽を摘む数々の障壁が、iChat を日陰の存在にしてきたひとつの原因でしょう。

しかし、今秋には光が差し始めます。それが iCloud 。

iCloud では(無料となる)me.com の Eメールアカウントが提供されるので、iChat もらくらく設定。

iCloud は iPhone ユーザー、Mac or Windows ユーザーの世界を変えますね。

それは、まだ始まったばかり

2011/06/18

それは、まだ始まったばかりである。

Mac OS X 10.2 から10.6 へ「移行アシスタント」失敗

2011/06/16

昨日、お椀型 iMac 2003年モデル・ユーザー方に New iMac(21.5インチ、2.5 GHz クアッドコア Intel Core i5)のセットアップに伺ったのですが、また無様な姿をさらしてしまいました。

その iMac 2003年モデルでは Mac OS X 10.2が動いていました。Jaguar 、懐かしかったです。

Mac OS X v10.0、v10.1から大幅に改良された Mac OS X 10.2(Jaguar)。当時私も購入し、使い勝手が非常によくなっていたことに感動したことを覚えています。

New iMac をお買い上げいただいたお客様には事前に「移行アシスタント」で問題が起きる可能性があることは伝えていたのですが、「移行アシスタント」に失敗するとは思ってもいませんでした。

iMac 2003年モデルと New iMac を FireWire ケーブルでつなぎ、作業を始めたのですが、移行するデータ容量を「計算中…」と表示が続くこと90分。

ちゃんと仕事しているのか不安になったので、「移行アシスタント」を一旦中止。再開して、また90分経過しても「計算中…」。

結果、「移行アシスタント」は失敗と判断。あきらめて、通常のセットアップとなったのでした。

今回の事例とは全く同じではないのですが、似たような「アカウント作成後の移行アシスタントの使用について」を Apple サポートコミュニティで発見。

そこには「さすがに10.2.8 から10.6.7 へは OS のバージョンが飛びすぎています」とのアドバイスも載っていました。

不安以上のことが起きたことに、見通しの甘さを痛感しました。

3時間も時間をロスしてしまい、お客様に大変迷惑をかけてしまったことが、精神的ダメージとして大きい。

いけません、こんなことでは。

イレギュラーな環境にある場合のセットアップについては、事前の情報収集、必要です。

サポートは iChat を活用することにしました。早速今日、そのお客様から電話での問い合わせがありましたので、電話を切って iChat に切り替え。

iChat 、正解でした。完璧なサポートができます。

iChat 、すばらしいです。