Event Calendar
9月 2011
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
Twitter
カテゴリー

‘2011/09’ カテゴリーのアーカイブ

次世代ネットワーク「SoftBank 4G」への期待

2011/09/29

今日開かれたソフトバンクモバイル新商品発表会「2011 Winter – 2012 Spring」で最も興味を引いたのは、次世代ネットワーク「SoftBank 4G」でしょう。

それに対応する高速モバイル Wi-Fi ルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」は、下り最大 76 Mbps というからすごい。

2012年度末までに全国政令指定都市の99%をカバーする予定とのことなので、福岡市民としては期待がふくらみます。

下り最大 7.2 Mbps のイー・モバイル端末からの乗換も2012年度末あたりには決断できるかもしれません。

モバイル環境だけは「契約したい」と思わせるサービスが出てきてほしいと願うばかりです。以前、WiMAX が元気をくれたように。

2007年10月14日に考えていたことが、今どれくらい実現したのか、読み返してみるとおもしろい。

WiMAX は認知されるようにはなりましたね。

Palm は無くなってしまいました。

そして、アップルが一時的とはいえ、世界で一番株式時価総額高い会社になるなんて、その頃、想像もしていませんでした。

さて、モバイル・インターネットは、これから何を生み出していくのでしょうか。

日本時間10月5日にアップル「iPhone」イベント

2011/09/28

やっと具体的な日取りが発表されました。

日本時間10月5日、午前2時からでしょう。iOS5、iPhone 5、iCloud の提供開始日が発表されるのは。

この日を境に大きく事態が変わります。

iPhone ユーザーには、iOS5 により PC フリーの新世界がやってきます。

KDDI から、しばらくすると iPhone 5 発売が発表されて、KDDI 自身はブームの波に驚愕します。

ソフトバンクは一歩後退しても二歩前進のプランを発表するでしょう。

そして、iOS5、iPhone 5、iCloud が提供されることにより、多くの消費者はアップルのユーザー体験をして幸せになるのでした。

めでたし、めでたし。

iCloud のカレンダー共有のすごさを見逃していた

2011/09/23

iOS5 の提供も iPhone 5 の登場も来月に迫り、期待は高まります。

それと同じくらいに待ち遠しく思っているのが iCloud

今朝 BGM/BGV 代わりに iPad で Podcast 「Apple WWDC 2011 Keynote Address」を流しながら後片付けをしているとき、ふと気になったのが iCloud のカレンダー。

MobileMe をメインにしている私にとって、MobileMe カレンダーの心地よさは格別です。

Windows PC だろうが Mac だろうが、iPhone だろうが iPad だろうが、カレンダーを確認すれば、いつも同じ内容。

ワイヤレスで同期というのは、私には感動の機能です。

これで感動していた私ですが、iCloud になるとカレンダー共有ができるようになるのでした。

見逃していました。この機能は、すごい。

Google カレンダーも共有できるらしいですが、機会がなくて未経験。

おそらく、Google カレンダーよりもシンプルに共有できるはずです。

家族みんなで書き込める予定表や、仕事のメンバー全員がアクセスできるスケジュールも。

誰かが予定を追加したり編集すると、iCloud が、みんなのデバイスにある情報をワイヤレスでアップデートしてくれる。

iCloud 、楽しみです。

iPhone は毒薬でもあるのだ

2011/09/22

KDDI が iPhone 5 を11月から発売し、「つながるスマートフォン」にするとの情報。

アップルを応援する私としては喜ばないといけないことです。私はソフトバンクで行きますが。

ということで、来春には決定するらしい 700MHz/900MHz の周波数がソフトバンクに割り当てられることが重要。

そうなって初めて自由競争環境が整います。

さて、KDDI が iPhone 5 を発売すると、KDDI グループ内では様々なひずみも起きてくるのではないか。その点も興味を引きます。

進めてきた音楽配信サービスは、iTunes Store との関係でどうなるのか。

iPhone 5 を販売することは、グローバル・スタンダード(アップル基準)を受け入れること。

いずれ、競合する KDDI グループ内サービスの再編・縮小・フェードアウトにつながっていくと思います。

日本企業にとって、アップル基準も iPhone も一種の毒薬なのです。

ワイヤレス・ワンセグ「TVチューナー」で納得していただけないでしょうか

2011/09/21

iPhone では ワンセグが視聴できないから「減点!」と評価している方々へ。

ワイヤレスでワンセグ視聴・録画ができて、iPhone/iPad/Android に対応した「TVチューナー」が、9月30日に発売になるとのことです。

重量は 70g 、IEEE 802.11b/g で電波飛ばしますから、バッグやポケットにでも入れておいてはいかがでしょう。

視聴時間は約3時間とのこと。ワンセグ・チューナー付き携帯電話と比較しても遜色ないのでは。

10月には iPhone 5 が出そうですから、iPhone 5 でワンセグをお楽しみください。

生活の一部になってしまった iPad 。それは米国も日本も同じ

2011/09/16

米国版 iPad 2 CM の焼き直しが日本版なのですが、両方違和感がないのが不思議であり重要なこと。

薄くて長時間使用可能なバッテリー、そして、たくさんの魅力的なアプリ。

家族や読書、食事を楽しみ、スポーツ観戦で熱くなる。

それは米国や日本、そして世界の人たちに共通する幸せ感。

パーソナルコンピュータでは、なしえなかったブレークスルーが iPad にはあります。

「SiGN PRO」を、さらに試す

2011/09/15


SiGN PRO」では、テキストだけを画像にできるので助かります。

テキストだけで、透明度100% の PNG での見出しがほしいときがあるから。

エフェクトもかけられて、このように鏡面反射も設定できます。

ここの点は、Photoshop より、GIMP より簡単。

どんな可能性が潜んでいるのか探求していきたいですね。

「ATOK Pad for Mac」使ってみたけど

2011/09/13

すぐ起動して入力できるメモツールというキャッチフレーズで無料提供された「ATOK Pad for Mac」を使い始めてみました。

しかし、ジャストシステムらしい癖があるというか、そんな感じですね。

もちろん Dock に置いていてクリックで起動できますが、(初期設定では)option キーを2回押すとデスクトップに現れ、2回押すと消えるという仕組み。

こういうのは、Mac OS X の UI じゃないでしょう。

おまけに、ジニーエフェクトが働かない。どうしても option キー2回押しをさせたいようです。

違う UI を Mac に持ち込むとは度胸あります、ジャストシステム。

売りは、と言えば、入力したメモを Twitter にツイートしたり、Evernote とメモを同期できることでしょう。

この機能には拍手です。

Evernote とメモ同期がシンプルにできるということは、私の中で、紙copi Net を選ぶのか、Evernote を選ぶのか、迷いが出てくるかもしれません。

どれくらい「ATOK Pad for Mac」の使い勝手になじむのか、ということでもありますが。

ちなみに、iPhone アプリ「ATOK Pad」は、ずいぶんと使ってないですね。

BiND5 の SiGN Pro は予想以上に良い出来だった

2011/09/12

BiND5 の SiGN Pro は動作が軽くて、縦横サイズも自由、テキスト配置も画像配置も自由。

ひとつの到達点でしょうね。SiGN の。

ボタンを作るのは結構苦労していたのでした。

SiGN は進化していましたが、その自由度が不十分で、Illustrator 使ったり、iWeb で作ったりしてたのです。

右の「フォトグラフィコース」「インストラクター」「フォトギャラリー」「アクセス」のボタンが、180×58ピクセルだったので、それに合わせて同じサイズで「Facebook」のボタンを作ってみました。

私にもできるということは、どれほど簡単な操作なのかがわかるでしょう。

SiGN Pro、Web サイト制作・管理の楽しみが増えました。

BiND5、お勧めします。

iPad 用 Facebook クライアントは「MyPad」に落ち着いた

2011/09/11

本家の Facebook が、なかなか iPad アプリを出してくれないので、ずっと iPad 用の Facebook クライアントは何にしようかと試行錯誤していました。

結果、落ち着いたのが「MyPad」。

iPad にインストールしているアプリが155ある中で、いつも開いてみようかと思わせるアプリは、それほど多いものではありません。

そのなかで「MyPad」は、つい開いてみたくなるアプリ。

Facebook も Twitter も機能としては簡易版ですが、インターフェースが気持ちいい。

文字を数段階大きくできれば、満足度はさらに上がるのですが。

今のところ「MyPad」を越えるものは知りません。