Event Calendar
10月 2011
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031EC
Twitter
カテゴリー

‘2011/10’ カテゴリーのアーカイブ

iPhone 4 のホームボタンに苦労しているなら「AssistiveTouch」を「オン」に

2011/10/29

iOS 5 にアップデートして、だいぶ反応がよくなった iPhone 4 のホームボタン。

しかし、そのイライラをかなり解消してくれる方法があったのでした。

「lifehacker」さんが「iPhoneのホームボタンをデコピンしている人へ」という記事で、それを提供してくれています。

アップルは iPhone で、視覚・聴覚・身体機能に障害を持つ人のために「アクセシビリティ」機能を用意しています。Mac の OS X にもありますね。

その「アクセシビリティ」を設定することで、ホームボタン問題をかなりのレベルで解決してくれるのです。

設定は設定>一般>アクセシビリティ>AssistiveTouchを「オン」にすれば OK 。

画面に白い半透明のボタンが現れます。そのボタンは自由に動かせます。

タップすると4メニューが表示されるので「ホーム」をタップ。そうするとホーム画面に戻ります。ホーム画面のトップ画面でないときは、再度同じことをするとトップ画面に行きます。

ほ〜、と思わせるのが、その「ホーム」を2回タップすると、マルチタスクのアプリ選択画面になるところ。

これらは、本当のホームボタンの動作と同じです。

こういうところが楽しさを感じさせてくれるアップルの文化でしょう。

OS X 譲りの iOS 5 の「辞書」にも満足

2011/10/27

OS X の「辞書」機能と辞書.app は、とにかく便利。

意味を知りたい単語を範囲指定して右クリックで「辞書で調べる」をクリックすれば、すぐに教えてくれる優れものです。

辞書.app を Dock に置いておけば、起動して辞書として使うのもまた便利。

iOS 5 にも辞書機能が付いたとは聞いていましたが、あまり期待はしていませんでした。

ところが、すごくいいのです、出来が。

例えば、Safari を開いて単語をタップし範囲指定すると「コピー」「辞書」を選択するようメニューが表示されます。

せっかくですから、リーダーを開きましょう。

「やらせ」の意味を調べたいので、選択された状態で「辞書」をタップ。

すると意味を教えてくれるのでした。「やらせ」って、こう書くのでしたか。知らなかった。

一度経験すると、これだね! と思わせる Safari のリーダー

2011/10/26

iPhone/iPad で Safari の記事部分をダブルタップすると、Web ページを最適の大きさに拡大してくれて、便利だな〜と思って、ほぼ、これまでは満足していました。

それでも小さければ、ピンチで広げればいいと。

しかし、iOS 5 の Safari に搭載されたリーダーは、全く違った感じを提供してくれています。

読むためだけに特化した、読ませるためのリーダー。これを使って記事を一度読んでしまうと、いろいろな Web サイトを開いたとき、リーダーアイコンが表示されるのを待ってしまっています。

すべての Web サイトに対応しているわけではありませんが、よく考えられた新機能・リーダー。

文字も大きくできて、私には助かります。

アップルストアのジーニアス・バー(Genius Bar)、知っていますか

2011/10/24

「天才」「鬼才」「知恵」「英知」「守護神」などを意味するジーニアス(Genius)。

アップルストア直営店で Mac や iPod、iPhone など、あらゆるアップル製品についての質問やマンツーマンの技術サポートを行ってくれるジーニアス・バー(Genius Bar)。先週お客様と福岡天神店を訪れてきました。

iPhone を使用し始めて、ずっと単体で使用した後、初めてコンピュータに接続して iTunes と同期する際は、どんな点に注意するのか、についてが、その日のテーマ。

というのも、iOS 5 にアップデートすることが目的だったのですが、まずは iPhone 4 に保存されているデータを iTunes にバックアップをとってからでないと先へ進めません。

求めていることをスタッフに伝えると、バックアップまですべて終えてくれたのでした。

このようなサービスをしてくれる PC メーカー、他にあるでしょうか。

ないですね。

このようなサービスをしてくれる販売店もありません。

サポートの予約を Web でとり、予約時間にアップルストアに出向いて、サポート料は無料(保証期間を過ぎている場合の修理は有料)というビジネスモデル。

私にとって、ジーニアス・バーは、どこにもない不思議な空間です。

シンプル機能「Facebookメッセンジャー」の存在価値あり

2011/10/23

ニュースフィードを見たり、総合的な情報閲覧などは便利な本家 Facebook ですが、メッセージを使うには、一手間、二手間が必要でした。

でも「Facebookメッセンジャー」は、メッセージのやり取りに特化したアプリ。

写真も位置情報も添付可能。

これ、支持されるのではないかと思います。

「リマインダー」って、すごいと思う

2011/10/20

iOS 5 の「リマインダー」は、Palm OS の To Do を越えてますね。

ある場所に着いたら知らせてくれるとは聞いていたが、本当でした。

外出先でお客様から電話をもらったのですが、仕事場に帰らないと解決できないことでしたので、まずは「リマインダー」に電話することを To Do 登録。

電話する予定の時刻も登録です。

その登録していたことを自宅に着いたら「リマインダー」が私に知らせてくれるよう設定。

すると、何ということでしょう。

自宅駐車場に入ろうとしたその時、iPhone の「リマインダー」がチャイムを鳴らしたのです。

こういう賢い To Do アプリを求めていました。

言うことなし!

写真撮ってツイートするなら iOS 5 統合 Twitter の方がいい

2011/10/19

iPhone で写真撮ってツイートするなら iOS 5 に統合された Twitter の方がいい。

シンプルですから。

ステップ1:カメラロールから選択。

ステップ2:ツイートを選択。

ステップ3:送信

様々な Twitter クライアントとの使い分けでしょうね。

より良い To Do リストになってくれ「リマインダー」

2011/10/16

今日から To Do アプリの「Wunderlist」から iOS 5 の「リマインダー」に移行しました。

To Do アプリでは、なかなかお気に入りのものに出会えず、ベターな選択として「Wunderlist」を使っていましたけど。

見た目はシンプルで感じの良い「リマインダー」。

期限も位置情報も加えられ、例えば、食料品売場に行ったら牛乳を忘れずに買いたい場合、そこに着いたら「リマインダー」が知らせてくれるらしい。

最適な使い方は勉強していくとして、自分に課す課題を頭に入れつつ行動するために「リマインダー」は働いてくれるものと思います。

これまでで、私が最も気に入っていたのは、Palm OS の To Do 。それを越えられるか、ですね。

iMessage になっても変わらず「いいね」

2011/10/15

iOS 5 になり、「SMS/MMS」が「メッセージ」(iMessage)にリニューアルされました。

iMessage を使えば、iPhone 同士、iPhone と iPad で、また iPad からでもソフトバンク、ドコモや au の携帯ユーザーにショートメール(SMS)を送信できます。

iMessage は使うこと、その行為そのものが楽しいアプリ。

それに、画像にあるように、iOS 5 から iPad ではキーボードが左右分割が可能、キーボードの表示位置も上下移動できるようになっています。

楽しみにしていたキーボードの左右分割ですが、分割しない方が使いやすかったりして・・・。

iOS 5 の通知センターが品がよく、スマートで、楽しくて、美しい

2011/10/14

上々の出来ではないでしょうか、iOS 5 。

Twitter クライアントなど、ID やパスワードを再度入れ直す作業が、アプリを開くたびに来ます。少し面倒ですが、仕方がない、ということであきらめます。

iOS 5 になり、動きが遅くなることもなく、ロック画面の壁紙を変えたせいでしょうか、引き締まった感じになったようです。

iOS 5 の新機能は、ぼちぼち試していくことにして、まずは「通知センター」について。

「通知センター」が非常にいい。

使い方が、どうにもわからなかったのですが、時間表示があるバーのあたりを画面の上部から下にドラッグします。

また、リストをスクロールすると、さらに通知が表示される作り。

ロック画面で通知に応答するには、通知に表示されているアイコンの上で右に指をさっと動かせば、パスコードを聞いてきます。

パスコードを入力したら、通知してきたアプリがダイレクトに開きます。

すばらしい。

楽しい。