Event Calendar
1月 2018
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031EC
Twitter
カテゴリー

有線 LAN の HUB に AirMac Express をつないで無線 LAN 環境をつくる

AirMac Express にしても AirMac Extreme にしても、これまでは ADSLモデムや光回線終端装置につないで無線 LAN ルータとして使っていました。

今回のお客様のところのネットワーク環境は、光回線を引いての有線 LAN 。

お客様は MacBook Air 11インチをお使いなので、無線 LAN がベストだと AirMac Express を購入していただいていましたが、いろいろあって有線 LAN に落ち着いたとのこと。

ということで困りました。私が経験したことのない設定を行わないといけなくなったのでした。

そこで、頭の整理です。

ルータがつながっている HUB を通して IP アドレスが割り振られているはずだから、Ethernet ケーブルを HUB に差してチェック。問題なくインターネットにつながりました。

あとは、AirMac Express をルータとして機能させるのではなく、HUB を通してルータが割り振っている IP アドレスをそのまま無線で発してくれればいいのです。

ところが、このような設定については AirMac Express ガイドにも、詳しくは説明がされていません。

そこで発見したのが、柔軟材さんの「AirMac Expressでブリッジする」。

ここに書かれていることと同じではないと思いましたが、書かれている内容は漠然と把握できました。

何回も AirMac Express を工場出荷時にリセットしたりして、やっと成功することができて良かった。

ポイントは
■接続方法:Ethernet
■IPv4 の構成:DHCP サーバを参照
■IP アドレス:今回については(自動的に割り当て)

AirMac Express には京セラミタのカラー複合機を USB 接続したので、 MacBook Air からも無線プリントできるようになりました。

苦労はしたけど、設定は簡単な方でしょう。AirMac Express 。

コメントをどうぞ