Event Calendar
1月 2018
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031EC
Twitter
カテゴリー

初めて気づいた「連絡先を送信」に助けられた

またもや、まだ私、iPhone のことがわかってないですね。

iPhone の連絡先に登録した人は、iTunes と同期したら iMac のアドレスブックに保存されると思っていたのに、そうではなかったのです。

iTunes では「アドレスブックの連絡先を同期」にチェック入れていて、「すべての連絡先」にもチェックしているのですが。

・・・。

ここまで書いてきて、気づいたことが。

私は MobileMe でアドレスブック、カレンダーを iMac とも iPhone とも iPad とも同期するようにしています。

iTunes には「連絡先は OTA(Over The Air)で MobileMe と同期中です。このコンピュータとも直接同期されるようになります。その場合、デバイス上で同じデータが重複して表示される可能性があります」と微妙に怖い注意書き。

確かめてみたら、iPhone の連絡先に登録した人は、MobileMe のコンタクト(アドレスブックのこと)に OTA で登録されていました。

よくわからないですが、実情はわかった。

とにかく、iMac のアドレスブックに iPhone の連絡先からデータをもらわないといけません。

では、こんなときどうするか。

iPhone の連絡先には「連絡先を送信」ボタンがあるのでした。

そこをタップすると、連絡先をメールで送るか、MMS で送るか選択できます。

vCard 形式のファイルを送る仕組みです。iMac に届いたら添付ファイルをダブルクリック。アドレスブックに保存するか聞いてくるので OK すると登録されました。

その逆もできます。vCard 形式のファイルを iPhone に受け取ったら「新規連絡先を作成」とタップすれば新規登録されました。

vCard 形式も便利ですが「連絡先を送信」も便利です。

例えば「○○さんのメールアドレス教えて」と iPhone ユーザーから頼まれたら、MMS で「連絡先を送信」するのが一番シンプルですね。

今日は iPhone の「連絡先を送信」に助けられ、iOS 4.3.3 に感心させられました。

コメントをどうぞ