Event Calendar
4月 2018
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930EC
Twitter
カテゴリー

Mac OS X 10.2 から10.6 へ「移行アシスタント」失敗

昨日、お椀型 iMac 2003年モデル・ユーザー方に New iMac(21.5インチ、2.5 GHz クアッドコア Intel Core i5)のセットアップに伺ったのですが、また無様な姿をさらしてしまいました。

その iMac 2003年モデルでは Mac OS X 10.2が動いていました。Jaguar 、懐かしかったです。

Mac OS X v10.0、v10.1から大幅に改良された Mac OS X 10.2(Jaguar)。当時私も購入し、使い勝手が非常によくなっていたことに感動したことを覚えています。

New iMac をお買い上げいただいたお客様には事前に「移行アシスタント」で問題が起きる可能性があることは伝えていたのですが、「移行アシスタント」に失敗するとは思ってもいませんでした。

iMac 2003年モデルと New iMac を FireWire ケーブルでつなぎ、作業を始めたのですが、移行するデータ容量を「計算中…」と表示が続くこと90分。

ちゃんと仕事しているのか不安になったので、「移行アシスタント」を一旦中止。再開して、また90分経過しても「計算中…」。

結果、「移行アシスタント」は失敗と判断。あきらめて、通常のセットアップとなったのでした。

今回の事例とは全く同じではないのですが、似たような「アカウント作成後の移行アシスタントの使用について」を Apple サポートコミュニティで発見。

そこには「さすがに10.2.8 から10.6.7 へは OS のバージョンが飛びすぎています」とのアドバイスも載っていました。

不安以上のことが起きたことに、見通しの甘さを痛感しました。

3時間も時間をロスしてしまい、お客様に大変迷惑をかけてしまったことが、精神的ダメージとして大きい。

いけません、こんなことでは。

イレギュラーな環境にある場合のセットアップについては、事前の情報収集、必要です。

サポートは iChat を活用することにしました。早速今日、そのお客様から電話での問い合わせがありましたので、電話を切って iChat に切り替え。

iChat 、正解でした。完璧なサポートができます。

iChat 、すばらしいです。

コメントをどうぞ