Event Calendar
1月 2018
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031EC
Twitter
カテゴリー

「クイックルック」は画期的か。どちらかと言えば微妙な機能のような気がする

quicklook
昨日は Mac を始めたお客様のところで、Mac OS X Leopard 4回目のトレーニングでした。

メインテーマはファイルとフォルダの操作。

お客様は Windows XP ユーザーでもありますから、ファイルとフォルダの操作については言わずもがなのことではありましたが、一通りはお伝えしないと、ということで。

それでも Mac OS X Leopard から搭載された「クイックルック」は、Windows XP にはないから実践してもらいました。

アプリケーションでファイルを開かなくても、任意のファイルをクリックしてスペースバーを押せば、ファイルが表示されるというこの機能。

「クイックルック」の操作をお伝えしてしていて感じたことは、果たしてこれは画期的な機能なのか? という思いです。

Word や Excel のアプリをインストールしていない場合でも「クイックルック」でなら表示させ、中身を確認することができるということでは画期的かもしれませんが、普通はダブルクリックしてファイルを開いて内容を確認します。

操作に要する時間は、「クイックルック」よりダブルクリックの方が短いのではないかと。

また、ダブルクリックでファイルが開く時間も今の Mac ならほとんど短いし、ファイルを閉じる場合は「コマンド+W」、終了するときは「コマンド+Q」で時間はかかりません。

そういう意味でも「クイックルック」は、私にとっては微妙な機能なのでした。

コメントをどうぞ